ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年01月22日 08時07分 UPDATE

ニューヨーク市、Googleとの提携で新情報サイトと情報センターを立ち上げ

ニューヨーク市がGoogleと全面協力し、Webサイトを新設するとともに、ミッドタウンの情報センターを新装オープンした。

[ITmedia]

 ニューヨーク市のマイケル・ブルームバーグ市長は1月21日、Googleと提携し、市の新しい情報サイトと、情報センターを開設したとGoogleの公式ブログで発表した。

 新サイト「nycgo.com」は、観光客と市民に対し、市内の総合情報サイトとしてさまざまな情報を提供する。Google Mapsでホテルやレストラン、観光イベントを探したり、行き方を検索できる。もちろん携帯でも情報を受け取ることが可能だ。

nycgo.com

 また7番街810番地にある市の情報センター(Official New York City Information Center)を新装開設。Google Maps API for Flashを利用したインタラクティブな「map table」が設置され、訪問者はこのテーブルで情報を検索するだけでなく、自分だけの観光予定表を作成し、その場で印刷したり、携帯電話に送信したりできる。

map table

 センター内の巨大ビデオウォールに映し出されたGoogle Earthの立体モデルに、自分の予定表の行き先を表示することも可能だ。

videowall

関連キーワード

Google | Google Maps | 観光 | Google Earth


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.