ニュース
» 2009年01月22日 09時14分 UPDATE

小口被害が多発:知らないうちにSMSで他人へ送金、インドネシアでトロイの木馬被害

ユーザー本人が知らないうちに送金をリクエストするメールを送ってしまうトロイの木馬がインドネシアで相次いで見つかった。

[ITmedia]

 ユーザー本人が知らないうちにショートメッセージ(SMS)で他人のアカウントへ現金を送金させるトロイの木馬が、インドネシアで相次いで出現しているという。ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labがブログで伝えた。

 それによると、インドネシアでは「TP」というテキストをSMSで151番に送信するだけで、現金として使えるクレジットを他人のアカウントに送金できるサービスを提供している携帯電話会社がある。マルウェア作者はこれに着目した。

 問題のトロイの木馬は、ユーザー本人が知らないうちに送金リクエストのSMSを151に送ってしまう。Kasperskyは過去1週間でこの手のトロイの木馬を新たに5種類見つけたという。いずれもPythonで書かれ、Symbianで機能する仕組みになっていた。

 送金された額は5000〜1万ルピー(45〜90セント)と小額だが、ユーザーに気付かれない程度の小口送金を大量に行うのが攻撃側の狙いと見られ、全体の被害額は膨大になる可能性がある。

 ロシアでもSMSを使って金を盗む手口が頻発していたといい、Kasperskyはこうした攻撃の拡大を予想している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -