ニュース
» 2009年01月23日 08時08分 UPDATE

偽のiWork 09で:Mac狙いの新手のトロイの木馬、海賊版ソフトで感染

海賊版のApple iWork 09をインストールすると、トロイの木馬「iServices.A」が同時にインストールされてしまうという。

[ITmedia]

 Mac用セキュリティソフトメーカーのIntegoは1月22日、Mac OS Xを標的とした新手のトロイの木馬が海賊版のApple iWork 09に組み込まれて出回っているのを見つけたと発表した。

 それによると、問題の海賊版iWork 09はBitTorrentなどを通じて出回っており、フル機能を備えている。しかしインストーラに組み込まれている「iWorkServices.pkg」というパッケージによって、トロイの木馬「iServices.A」が同時にインストールされてしまうという。

 iServices.Aはインターネットを通じてリモートのサーバに接続。悪意のあるユーザーがリモートから感染マシンにアクセスして各種の動作を実行できる状態にしてしまう。追加コンポーネントがダウンロードされる恐れもあり、ユーザーにとって深刻なリスクを伴うとIntegoは指摘する。

 問題のインストーラはこれまでに少なくとも約2万人がダウンロードした形跡があるといい、海賊版ソフトウェアを提供しているサイトや不審なサイトからiWork 09をダウンロードしないよう、Integoは呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Mac | トロイの木馬 | iWork | 海賊版 | Intego | Mac OS X | Apple


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -