ニュース
» 2009年01月26日 08時37分 UPDATE

データベースに不正アクセス:転職大手サイトMonsterのユーザー情報が流出

転職サイトに登録していたユーザーのパスワードや氏名、アドレスなどの個人情報が流出した。

[ITmedia]

 米転職サイト大手のMonsterは1月23日、社内データベースへの不正アクセスがあり、情報を引き出される被害が起きたと発表した。

 発表によると、不正アクセスされたのはユーザーID、パスワード、電子メールアドレス、氏名、電話番号といったユーザー情報。ただし履歴書は盗まれておらず、社会保障番号や資産情報などは従来から収集していなかったという。

 現時点で盗まれた情報の不正利用は見つかっていないとしながらも、ユーザーにはパスワードの変更を促し、盗まれたメールアドレスあてに詐欺メールが届く恐れもあると警告。Monsterから一方的に電子メールを送ってユーザーネームやパスワードの確認を求めたり、ソフトウェアやツールのダウンロードを促したりすることはないとしている。詐欺メールにだまされることのないよう、ユーザーの自衛措置を求めている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -