ニュース
» 2009年01月28日 08時21分 UPDATE

おなじみの手口がやってきた:恒例のバレンタイン便乗スパム、今年は赤いハートでワーム感染

告白調のメールのリンクをクリックすると、赤いハートが並んだワーム感染サイトへ誘導される。

[ITmedia]

 2月14日のバレンタインデーを前に、告白メールを装ってユーザーを悪質サイトへ誘導する便乗スパムが今年も出回っている。セキュリティソフトメーカーのTrend MicroやPanda Securityが伝えた。

 それによると、スパムメールは「I give my heart to you」「Wanna kiss you」などの件名で届き、本文に記載されたリンクをクリックすると赤いハートの画像が並んだサイトにつながる。

waledac.jpg ワーム感染サイト(Trend Microから)

 サイトで画像をクリックすると、「youandme.exe」「onlyyou.exe」「you.exe」「meandyou.exe」などの名称が付いたファイルがダウンロードされ、ワームに感染する。

 この手口を使っているのは「Waledac」というワームの亜種だという。これまでにもオバマ大統領就任に便乗した偽ニュースサイトや、クリスマス、新年などのeカードを装う手口で感染を広げた。

 注目のニュースやイベント、季節行事に便乗する手口は、2007年から2008年にかけて猛威を振るったマルウェアの「Storm」に酷似しており、セキュリティ各社はWaledacとStormの関連を指摘している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -