ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年01月29日 07時51分 UPDATE

SAP決算、純利益13%増でも従業員3000人を削減

SAPが全社員の約6%に当たる約3000人の人員削減計画を明らかにした。

[ITmedia]

 独SAPが1月28日に発表した第4四半期(10〜12月期)決算は、売上高が前年同期比8%増の34億8800万ユーロ、純利益は同13%増の8億5000万ユーロ(1株当たり0.72ユーロ)だった。

 ソフトウェアの売上高は前年同期比7%減の13億2300万ユーロ、ソフトウェアとソフトウェア関連サービスの売上高は同8%増の26億6600万ユーロだった。

 2008年通年では、売上高が前年比13%増の115億6700万ユーロ、純利益は同2%減の18億8800万ユーロ(1株当たり1.63ユーロ)だった。

 またSAPは、現在全世界で5万1536人いる従業員を、年内に4万8500人まで削減することを明らかにした。さらに2009年は従業員の昇給を凍結するとしている。

関連キーワード

SAP | 決算 | 人員削減


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.