ニュース
» 2009年02月03日 16時15分 UPDATE

“なんちゃってブロードバンド”ではない──WiMAX、月額4480円でスタート KDDI系のUQ

モバイルWiMAXサービス「UQ WiMAX」の無償トライアルが2月26日にスタート。本サービスは7月1日からで、月額4480円で使い放題になる。

[岡田有花,ITmedia]
画像 USBスティックタイプのデータ通信カード

 KDDIや米Intel Capitalなど6社が出資するUQコミュニケーションズは2月3日、モバイルWiMAXサービス「UQ WiMAX」の無償トライアルを2月26日に始めると発表した。有料の本サービスは7月1日にスタート。月額4480円で使い放題になる。

 UQ WiMAXは、国内で唯一、全国をカバーする予定のWiMAXサービス。下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsで通信でき、発表会を行った帝国ホテル(東京都千代田区)では、下り約16Mbps、上り約3.9Mbpsで通信していた。

 まずは26日から、東京23区、神奈川県横浜市、川崎市で試験サービスを開始。5000人のモニター(20歳以上で、サービスエリア内在住が条件)に対してデータ通信カードを無償貸与し、6月30日まで無料で利用してもらう。モニター募集は2月3日〜15日まで、同社サイトで行う。

 7月1日に有料の本サービスに移行。エリアは首都圏、京阪神、名古屋に拡大する。2012年度末には全国主要エリアをカバーし、人口カバー率90%以上を達成する計画だ。

 本サービスの料金プランは月額4480円の定額制「UQ Flat」一本で、契約期間の縛りもない(別途登録料2835円が必要)。

画像 データ通信カードは4種類

 対応するデータ通信カードは4種類。USBスティックタイプ(1万2800円)、コネクターが180度回転するUSBタイプ、(1万2800円)、Express Card型(1万3800円)、PCカード型(1万3800円)をそろえた。同社のWebサイトや量販店で販売する。

 ユーザー専用公衆無線LANサービス「UQ-Wi-Fi」も秋から提供する。東海道新幹線など主要な交通機関で対応する予定だ。東京〜新大阪間の駅コンコース待合室では先行して3月中に提供を始める。

3Gとはここが違う

画像 田中孝司社長

 同社の前身となるワイヤレスブロードバンド企画は、全国をカバーするWiMAXサービスとして唯一、2.5GHz帯を利用する広帯域移動無線システムの業務免許を07年12月に取得。当初の予定通り今年2月のサービスインにこぎ着けた。KDDI、Intelのほか、京セラ、JR東日本、大和証券グループ本社、三菱東京UFJ銀行が出資している。

 「3Gのモバイルネットとは違う。画面サイズや回線速度が制限された“なんちゃってブロードバンド”ではなく、真のモバイルインターネットを提供する」――2月3日に都内で開いた発表会でUQの田中孝司社長は、3G回線を使ったネットサービスとの違いを繰り返し強調した。

 「携帯電話のような、垂直統合モデルではない」とオープン性も強調する。地域WiMAXや海外サービスとのローミングを進めるほか、MVNOも積極的に受け入れる。「UQブランドで端末を売るだけでなく、端末メーカーなどのMVNOを受け入れ、さまざまな企業の利益になるよう展開していきたい」

 今後発売される、WiMAX通信機能を搭載したPCの普及とともに、ユーザー数が拡大していくと期待。まずは「今年度、数十万レベル」のユーザー獲得を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -