ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年02月05日 19時56分 UPDATE

ソフトバンク−イー・モバイル協業にMVNO協議会が反対 孫社長は「電波の有効利用」と反論

MVNO協議会は、携帯電話事業者がMVNOとしてサービスを提供することについて反対する声明を発表。ソフトバンクの孫社長は反論した。

[ITmedia]

 テレコムサービス協会 MVNO協議会は2月4日、携帯電話事業者同士のMVNOに反対する声明を発表した。ソフトバンクモバイルがMVNOとしてイー・モバイル回線を借りると発表したことを指しているとみられ、「制度の趣旨に反し、周波数免許を持つ事業者としての責務を放棄している」と批判している(ソフトバンクが定額制データ通信 イー・モバイルMVNOで3月から

 声明では、ソフトバンクのようなMNO(移動体通信事業者)がMVNOになることについて、「移動体分野の競争促進や、多様で低廉なサービス提供による利用者利益の実現といったMVNOの趣旨に反している」と主張。

 MNOには「周波数の使用権を、電波利用料以外の対価を支払うことなく取得」する代わりに、「公平かつ能率的な電波利用を実現する設備を構築し、国民の利便に寄与する通信サービスを提供する」責務があるとし、「MVNOになるということは、この責務を放棄することにほかならない」と批判している。

 テレコムサービス協会は、電機中心事業者の業界団体で、MVNO協議会にはアッカ・ネットワークスや日本通信など42社が参加している。

 これに対しソフトバンクモバイルの孫正義社長は5日、「キャリア同士のMVNOが不当だという理由が分からない。電波は公共のものであり、有効利用は当然だ。WiMAX参入表明時も、他キャリアへのMVNOをコミットしている。キャリア同士のMVNOがだめというルールになるなら、国民にとって電波の有効活用にならない」と反論した。決算説明会の席上で答えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.