ニュース
» 2009年02月06日 11時42分 UPDATE

「10年間ネットで中傷」――スマイリーキクチさんがブログで告白 「炎上で摘発」報道受け

ネット上でスマイリーキクチさんを中傷する書き込みをした名誉毀損の疑いで、警視庁が男女18人を書類送検するという報道を受け、キクチさんが自身のブログで「10年間にわたってネットで中傷を受けてきた」と告白した。

[ITmedia]
画像 スマイリーキクチさんのブログ

 お笑いタレントのスマイリーキクチさんが2月5日、自身のブログで、「約10年間にわたってネット掲示板などで匿名者から誹謗(ひぼう)中傷を受けてきた」と告白した。ネット上でキクチさんを中傷する書き込みをしたとして、警視庁が男女18人を名誉毀損容疑で近く書類送検するという報道を受けたもの。一部の報道に間違いがあったことも指摘している。

 ブログによると、キクチさんはネット掲示板で中傷を受けてきたほか、2008年1月のブログ開設以来、毎日コメント欄に中傷が書かれ、「殺害予告とも受け取れる内容にまでエスカレートしていた」という。

 中傷の内容は、キクチさんを過去に起きた事件の犯人扱いしたり、その事件をお笑いのネタにしたと非難したり、キクチさんが暴走族にいた経験があると決めつけるもので、それぞれ「全くの事実無根」と改めて否定している。

 キクチさんはこれまで、公式サイトやブログで中傷を否定し、掲示板に削除依頼もしてきたが、悪意のある書き込みは続き、所属事務所や仕事先にまで中傷のメールや電話があったため、「このままでは私自身の生活・仕事に影響があるだけでなく家族や友人に不安な思いをさせてしまう」と考え、警察と相談して被害届を出したという。

 また、今回の件を伝える報道の一部に「誤解を招く表現があった」と指摘。「『所属事務所が足立区出身の元不良として売り出した』という記事があったが、そのようなことはありません」などと訂正している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -