ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2009年02月13日 09時05分 UPDATE

Mac OS XやSafariの脆弱性に対処:Appleがセキュリティアップデート公開

Mac OS X、Safariブラウザ、Java for Mac OS Xの脆弱性に対処するセキュリティアップデート計4件が公開された。

[ITmedia]

 米Appleは2月12日、Mac OS X、Safariブラウザ、Java for Mac OS Xの脆弱性に対処する4件のセキュリティアップデートを公開した。

 「Security Update 2009-001」はMac OS X 10.5.6とMac OS X 10.4.11を対象に、計28項目の脆弱性を解決する大規模なパッチとなる。不正サイトの閲覧や悪質なファイルの展開などを通じて、任意のコードが実行されてしまう深刻な脆弱性も多数存在する。

 Windows版Safariブラウザのアップデートとなる3.2.2では、フィード処理に関する入力値検証問題を解決した。問題を悪用されると任意のコードを実行される恐れがある。なお、Mac OS Xでこの脆弱性を解決するパッチは「Security Update 2009-001」に含まれている。

 「Java for Mac OS X 10.5 Update 3」と「Java for Mac OS X 10.4, Release 8」ではそれぞれMac OS X 10.5.6以降とMac OS X 10.4.11を対象に、Java Web StartとJava Plug-inに存在する複数の脆弱性に対処した。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.