ニュース
» 2009年02月17日 09時28分 UPDATE

Mobile World Congress 2009:Acerが初のスマートフォン発表

Acerのスマートフォンはタッチスクリーンを搭載し、フルキーボードモデルやデュアルSIMモデルもある。

[ITmedia]

 台湾のAcerは2月16日、初のスマートフォン「Tempo」シリーズを発表した。プライベートにも仕事にも使えるスマートフォンを求めるコンシューマーがターゲットという。

 発表したのは「ACER Tempo M900」「同F900」「同X960」「同DX900」の4機種。いずれもOSにはWindows Mobile 6.1を採用し、タッチスクリーンを備えている。

 M900はいつでもメールやファイルにアクセスしたいユーザー向けで、3.8インチタッチスクリーン、QWERTYキーボード、デスクトップPC・ノートPCとの同期化機能、500万画素カメラ、GPS、FMラジオなどを備える。Outlook Mobile、Office Mobileをプリインストールし、HSDPAネットワークに対応する。

ah_M900.jpg

 F900はキーパッドがなく、3.8インチタッチスクリーンとバーチャルキーボードを搭載する。320万画素カメラやGPSも備え、HSDPA/HSUPAネットワークとWi-Fi接続に対応する。

ah_F900.jpg

 X960もF900同様、バーチャルキーボードで操作するタイプだが、5方向ナビゲーションボタンが付いている。2.8インチディスプレイ、GPS、320万画素カメラ、Windows Outlook、Office、音楽プレーヤー機能などを備える。

ah_X960.jpg

 DX900は世界初のデュアルSIMスマートフォンで、3.5G HSDPAおよび2.75G(EDGE)ネットワークをサポートする。2.8インチタッチスクリーン、320万画素カメラ、無線接続をオフにする「Flight Mode」ボタンなどを搭載する。

ah_DX900.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -