ニュース
» 2009年02月18日 07時00分 UPDATE

NECとセブン&アイがIT新会社 「セブンインターネットラボ」設立

NECとセブン&アイがIT事業を手掛ける新会社「セブンインターネットラボ」を設立。ネットとリアルを融合した新しいビジネスモデルを築くという。

[ITmedia]
画像 左からセブン&アイネットメディアの後藤克弘社長、セブン&アイ・ホールディングスの村田紀敏社長、新会社の鈴木康弘社長、NECの相澤正俊副社長、NECの木下学執行役員

 NECとセブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイHD)は2月17日、IT関連の事業を行う合弁会社「セブンインターネットラボ」を3月24日に設立すると発表した。

 セブン&アイグループの店舗網や顧客資産とNECのIT技術を組み合わせ、新ビジネスを研究・開発。セブン&アイグループのシステム開発も手掛けて業務効率化につなげ、成果をNECのシステム開発にも役立てる。

 資本金は2億円で、セブン&アイHD傘下でネット事業を統括するセブン&アイネットメディアが50%、その傘下で通販サイトを運営するセブンアンドワイが10%、40%をNECが出資する。

 セブン&アイグループの店舗網などリアルな流通網とネットを融合した新ビジネスや、グループで蓄積した顧客データの戦略的な活用、ネット対応モバイル端末など次世代機器対応サービスを開発する。具体的な事業は決まっていないが「ネット通販やネットスーパー、他社と組んだサービスが有望」と、新会社の鈴木康弘社長(セブンアンドワイ社長)は述べる。

 グループのネット関連システム開発・保守・運用も請け負う。発注者と開発者が上流工程から共同で取り組んで開発を効率化。ノウハウを蓄積しながらコストダウンや生産性向上につなげ、成果はNECのシステム開発にも役立てる。

 セブン&アイグループは、総合スーパーやコンビニエンスストアに並ぶ事業の柱の1つとして「サービス/IT」を掲げ、2008年に専業会社セブン&アイネットメディアを設立。セブンアンドワイ(ヤフーなどが出資)、セブンドリーム・ドットコム(NECなどが出資)などグループ各社に分散していたネット事業を、セブン&アイネットメディア傘下に統合してきた。

 セブン&アイHDの村田紀敏社長は「消費は物からサービスに移り始めている。経済が大きく変化している今こそ、新会社でネットを使った事業を展開し、変化に対応していきたい」と抱負を語った。

 NECの相澤正俊副社長は「当社は30年前、イトーヨーカドーの店舗システム『ターミナル7』を構築して以来、セブン銀行のATMを手掛けるなど協業してきた。経済は低迷しているが、新事業を種まきを進め、ネットとリアルの究極の融合を実現できれば」と期待を述べた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -