ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年02月19日 18時50分 UPDATE

サイバーエージェントが仮想空間 似顔絵アバターで遊ぶ「アメーバピグ」

Wiiの「Mii」のように自分に似せたアバターを作り、東京に見立てた街で交流できる2次元仮想空間を、サイバーエージェントがオープンした。

[ITmedia]
画像 顔や髪型を選んで配置し、似顔絵アバターを作る

 サイバーエージェントは2月19日、自分そっくりなアバターを作り、現実の東京に見立てた街の中でほかのアバターと交流できる2次元仮想区間サービス「アメーバピグ」をオープンした。アメーバIDユーザーなら無料で利用できる。

 Webブラウザで利用できる仮想空間。Wiiの「Mii」のように、顔や髪型のパーツを選んで、自分の顔に似せた2等身アバターを作成でき、街に出てほかのアバターとチャットしたり、気に入ったアバターに賞賛ポイント「グッピグ」を贈ったり、「ピグとも」として友人登録したり、街の中のショップでアバターアイテムを購入できる。


画像 「浅草仲見世通り」

 アクセスできる街は、「浅草仲見世通り」「代々木公園のフリマ」「渋谷の“106”前」など現実の東京に見立てた8つのエリアと、「石器時代」から選べる。

 アバターアイテムは、着飾るための服やアクセサリー、自分の部屋に置く家具、アバターが覚えるダンスなどがあり、専用の仮想通貨「アメ」や、Amebaサービスの共通仮想通貨「アメゴールド」で購入できる。アメは、サービスにログインしたり、「グッピグ」を贈ることでためられる。

 PC専用サービスだが、携帯電話向けも始める予定。将来は、「アメーバブログ」を書いている芸能人にも参加してもらう計画だ。

 同社は新サービスで、会員同士のコミュニケーション活性化とアメゴールドの流通活性化、課金収入の増収を目指すとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.