ニュース
» 2009年02月23日 12時04分 UPDATE

企業向け機能の訴求も:MS、Windows 7βアップデートとVista SP2をリリース予定

MicrosoftはWindows 7β版のアップデートを正式に発表したが、その一方で多くのWebサイトがWindows VistaとWindows Server 2008のService Pack 2のリリースに関する記事を掲載している。Vista SP2では、ハードウェア/ソフトウェア機能の強化に加え、企業向け機能も改善される。

[Nicholas Kolakowski,eWEEK]
eWEEK

 MicrosoftはWindows 7β版のアップデートを正式に発表したが、その一方では、多数のWebサイトがWindows VistaとWindows Server 2008のService Pack 2のRelease Candidate(リリース候補版)ビルドのリリースについて報じている。

 Windows 7β版のアップデートは2月24日にリリースされる。5種類のアップデートの配布が予定されている。しかしこれらのアップデートは、新機能を提供するものでもなければ、既存の問題を修正したりユーザーエクスペリエンスを改善したりするものでもない。

 Microsoftアップデートプロダクトチームのブログは、「われわれは通常、βテスト中にアップデートシナリオの確認を行う。テストアップデートをリリースすることにより、本当のアップデートのリリースが必要になったときに、プロセスをスムーズに進めることができる。今回のアップデートは、Windows 7のサービス配布インフラをテストするのが目的だ」と説明している。

 MicrosoftではWindows 7βの修正作業を進めている。これにはセキュリティフィックスも含まれる。

 新OSのWindows 7は、不評を買っているVistaを改良するものだと宣伝されており、ファイルキャッシング技術の「BranchCache」やVPN代替技術の「DirectAccess」など、企業ユーザーに訴求すると思われる新機能も搭載する。

 その一方で多数のWebサイトが、Windows Vista/Windows Server 2008のService Pack 2の「Release Candidate Build 6002.16670.090130」が、Microsoft Connectテスター向けにリリースされたと報じている。

 Ars TechnicaというWebサイトによると、Service Pack 2ではWi-Fiパフォーマンスの強化やデータをBlu-Rayディスクに書き込む機能など、ハードウェアエコシステムの一部が改善されるという。オープンするTCPコネクションの数をユーザーが指定できるレジストリキーの追加など、OSエクスペリエンスも改良される予定だ。

 Service Pack 2では、企業ユーザー向けの改良も施される。例えば、WebDAVリダイレクタの認証オプションの改善や、Windows Server 2008へのHyper-Vの統合などだ。

 また、Service Pack 2には691件のホットフィックスも含まれると報じられている。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -