ニュース
» 2009年03月24日 07時00分 UPDATE

可視光通信を信号機や灯台の光で 実験に成功

交通信号機や灯台の光を使った可視光通信の実験に成功。可視光通信に一般的に利用されているフォトダイオードではなく、イメージセンサーを利用した。

[ITmedia]

 可視光通信コンソーシアム(VLCC)は3月23日、交通信号機や灯台の光を使った可視光通信の実験に成功したと発表した。

 可視光通信に一般的に利用されているフォトダイオードではなく、デジタルカメラなどに使われるイメージセンサーを利用した。イメージセンサーは複数の受信チャンネルを持つことができ、長距離の通信にも向いているという。

 信号機を使った実験は、日本信号の久喜事業所(埼玉県)で2月に実施。LED信号機から約160メートル離れた場所にイメージセンサー受信機を設置し、信号機から送信されるデータの受信に成功した。予備実験では、約260メートルの距離からの通信にも成功しているという。

 灯台を使った基礎実験は、千葉県の九十九里浜で昨年10月に実施。LED灯台からの発光信号に情報を載せ、通信距離2キロで1022bps、1キロで1200bpsの通信に成功した。

 信号の実験には日本信号のほかカシオ計算機、NEC、東芝が参加。灯台の実験には海上保安庁、カシオ、東芝が参加した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -