ニュース
» 2009年04月20日 11時00分 UPDATE

自動でデータ消去するUSBメモリ、富士通研が開発

自動的にデータが消えるUSBメモリを富士通研が開発した。USBメモリを紛失し、データが流出するといった事態を防ぐ。

[ITmedia]
画像

 富士通研究所と米Fujitsu Laboratories of Americaは4月17日、自動的にデータが消えるUSBメモリを開発したと発表した。USBメモリを紛失し、データが流出するといった事態を防ぐ。

 本体内部にCPUやバッテリーを搭載。設定したセキュリティポリシーに応じ、一定時間を過ぎたり、登録外のPCに接続するとデータを消去することが可能だ。

 メモリ内のデータのコピー先を特定のサーバに限定したり、印刷・メール添付禁止などを設定できるPC用ソフトも開発した。

 現在、社内テストを行っており、製品化を目指して検証を進める。

関連キーワード

富士通研究所 | 研究機関


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -