ニュース
» 2009年04月22日 07時00分 UPDATE

ねじれる“音楽編集ケータイ”、その名は「Ondo」

「Ondo」は、本体を曲げたりひねったりすることで音楽を編集できるコンセプト携帯だ。

[ITmedia]

 独デザイン会社Pilotfishは4月20日、音楽編集ができる携帯電話のコンセプトモデル「Ondo」を発表した。

ah_ondo1.jpg

 Ondoは柔軟な素材を使っており、本体を曲げたりひねったりすることで音楽を編集できる。

ah_ondo2.jpgah_ondo3.jpg

 さらにOndoは「スティック」と呼ばれる取り外し可能なディスプレイを3つ搭載する。これらは本体に装着しているときはタッチスクリーンとして利用できるが、取り外すと楽器や人に取り付けて音を録音することができる。それぞれのスティックは各楽器の音を個別に録音するため、Ondoで簡単にミキシングができるという。録音した音はマルチメディアメッセージング(MMS)で送信することもできる。

ah_ondo4.jpg

 また、Ondoはパーティーモードではデジタルミキサーとして機能する。

ah_ondo5.jpg

 Ondoはコンセプトモデルだが、Pilotfishは「このコンセプトに関心を持つパートナーと一緒に製品化できたらうれしい」と述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -