ニュース
» 2009年04月27日 10時41分 UPDATE

BD課金、5月22日スタートへ 経産省と合意、見直しの可能性も

文化庁はBDへの補償金課金を盛り込んだ政令を、5月22日に施行する方針。JEITAの意見を踏まえ、課金見直しの可能性を施行通知に明記する。

[ITmedia]

 文化庁は4月27日、Blu-ray Disc(BD)とBDレコーダーに対する私的録画補償金の課金を盛り込んだ政令を、5月22日に施行する方針を明らかにした。

 電子情報技術産業協会(JEITA)の反対で施行が遅れていたが、JEITAを所管する経済産業省との協議で合意し、来月半ばまでの閣議に改正案を提出できる見通しになった。JEITAの意見を踏まえ、課金見直しの可能性を施行通知に明記する。

 JEITAは、「デジタル放送の録画に課金は不要。最長でもアナログ放送が終了する2011年7月までの暫定的な措置とすべき」と主張し、無条件の課金を求める権利者側と対立していた。施行通知には、「メーカーと権利者間の意見の相違が顕在化した場合は、見直しの議論を行う」という趣旨の内容を盛り込む予定だ。

 政令には、JEITAが求めていた、BDのレーザー波長とレンズ開口数を追記する。

関連キーワード

JEITA | Blu-ray課金 | 文化庁 | 権利者 | 経済産業省


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -