ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「文化庁」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文化庁」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

映画「デデデデ」に杉田智和&TARAKOが出演! 作中でたびたび登場するあの漫画のキャラ役で
TARAKO「かわいいなこのやろ デベ子マジらぶ」。(2024/2/24)

LINEマンガ『喧嘩独学』がテレビアニメ化! 4月から「+Ultra」枠で放送開始
最弱高校生がけんか動画配信者として成り上がる。(2024/2/10)

AI・機械学習の業界動向:
2024年の「AI/機械学習/データ分析」はこうなる! 7大予測
昨年2023年は、ChatGPTやGoogle BardなどのチャットAIに注目が集まり、企業やサービスに生成AIが導入されていくなど、大きな変化が一気に起こりました。今年2024年の「AI/機械学習/データ分析/データサイエンス」かいわいはどう変わっていくのか? 現状を踏まえつつ、未来を予測します。(2024/1/10)

謙遜で「役不足」を使うのは間違い? 思わぬ行き違いが生じることも
もしかしたら間違って使っているかも?(2023/12/31)

門出とおんたんだ! 映画「デデデデ」、特報でW主演の幾田りら&あののボイス初披露
地球がクソやばい!(2023/12/19)

今敏監督「千年女優」、全国109館でリバイバル上映 オリジナルの来場者特典配布も予定
2024年1月19日から2週間限定上映。(2023/12/14)

事故死した息子夫婦のカフェを「オラたちでやるべな」 老夫婦の第二の人生を描いたマンガに「号泣」「親の声を聞きたくなった」と感動の嵐
2010年、文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品になった『かへ』。(2023/12/16)

レコチョク責任者に聞く「生成AIと音楽ビジネス」 クリエイティブ分野での課題は?
「音楽業界のIT部門」を自称し、国内ではいち早い音楽配信事業や、デジタルによるアーティスト支援を展開してきたレコチョク。かつて「着うた」で有名だった同社が今、生成AIの積極的な活用を進めている。生成AIをクリエイティブ分野で活用する際の課題とは?(2023/11/29)

劇場アニメ「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」、幾田りらとあののW主演に 浅野いにお「あのちゃんがやるおんたんそのままでいいから」
前章の公開が3月22日、後章が4月19日公開に決定。(2023/11/20)

松尾豊東大教授が語る「生成AIと著作権の現状」 日米欧の違いは?
松尾豊東大教授の講演をレポート。中編では生成AIと著作権におけるルール作りの現状と、日米欧の違いについてお届けする。(2023/11/11)

科博クラファン、目標の8倍以上の支援集め成功も…… SNSでは「なぜ国が支援しないのか?」の疑問多数 文化庁と科博に聞く
間もなく終了する国立科学博物館のクラウドファンディング。SNSで多く寄せられている疑問について聞きました。(2023/11/3)

劇場アニメ「デデデデ」の第1弾キャスト発表 種崎敦美、諏訪部順一、津田健次郎らが脇を固める
既に豪華キャストと言える布陣なのに、主役2人のキャストはいまだ明かされず。誰になるんだ……?(2023/10/30)

『劇場版 天元突破グレンラガン』『キルラキル』の一挙無料放送が決定! ABEMAで10月28日、29日から
やったー!(2023/10/18)

“目を使わない読書”ニーズ急増 ミドル・シニア世代で顕著
音声配信サービスを運営するオトバンクは、50歳以上のミドル・シニア世代を対象に読書週間調査を実施した。(2023/9/13)

浅野いにお初アニメ化作品「デデデデ」、まさかの前後編劇場アニメに 2024年春公開
門出とおんたんは「絶対」なのです。(2023/8/31)

弁護士が解説! VTuberの法律:
VTuberの著作権は誰のもの? “中の人”と“ママ”が知っておきたい、アバターの権利関係
VTuberの勢いが止まらない。さまざまな企業や個人が注目しているが、悪意を持った第三者がVTuberのアバターを勝手にグッズ化して販売した場合、“誰がどのような対応をすべき”だろうか? シティライツ法律事務所の前野孝太朗弁護士が解説する。(2023/8/28)

生成AI画像は「二次的著作物」と日本写真家協会 「出典の明記を」
日本写真家協会は23日、生成AIで作成した画像は「二次的著作物」にあたり、原著作者の権利を保護するルール作りが必要だと問題提起する文書を公開した。(2023/8/24)

田中直基氏×高宮範有氏「カンヌライオンズ2023」対談【後編】:
カンヌライオンズ2023はクリエイティブ回帰、アワードのアイデンティティーに立ち返る
前編に引き続き、電通の田中直基氏とI&COの高宮範有氏の対談を通じて「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」に見る世界のクリエイティブのトレンドをお届けする。(2023/8/15)

田中直基氏×高宮範有氏「カンヌライオンズ2023」対談【前編】:
カンヌライオンズ2023受賞作に見るモバイルキャンペーン世界最先端の潮流
「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」でモバイル部門の審査員を務めた電通の田中直基氏と、2021年に同部門の審査員を務めたI&COの高宮範有氏の対談をお届けする。(2023/8/14)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
「ChatGPT」は両刃の剣か? AIがコモディティ化する世界での「戦い方」
今回から新連載「『AIが卵より安くなる時代』に向けて」をお届けします。AIがコモディティ化する時代が間近に迫る中、われわれビジネスパーソンはどのようなスキルを身に付け、どのように生きるべきでしょうか。筆者と一緒に考えてみませんか。(2023/7/26)

ジェーン・バーキン、76歳で逝去 日本でも多くのファンが哀悼「また一つの時代が終わった」「どうか安らかに」
多くのファンに愛されたバーキン。(2023/7/17)

ソニン、ミュージカル俳優として活躍する近影公開 「カレーライスの女」から11年、“オムライスの女”に反応も
くるくるヘアがかわいい。(2023/7/7)

小寺信良のIT大作戦:
誤解の多い「AIと著作権の関係」 クリエイターが真に戦うべき相手、被害の実態からひもとく
日本芸能従事者協会がクリエイターを対象にアンケート調査を実施した。メインは、「ご自身の作品等で実際にAIに使われた事例があれば教えてください」という事例集だ。いくつか事例を見ながら著作権との関係をひもといてみる。(2023/6/29)

文化庁、「AIと著作権」の講演映像をYouTubeで公開 全64ページの講演資料も無料配布中
文化庁は、著作権法の観点から生成AIについて解説するセミナー「AIと著作権」の講演映像をYouTubeで公開した。併せて64ページに及ぶ講演資料も無料公開している。(2023/6/22)

AIに権利侵害されたらどこに苦情を言う? 「デジタル庁」が最多 日本芸能従事者協会調べ
AIに権利侵害されたらどこに苦情を言う? 俳優や演出家などが参加する日本芸能従事者協会がそんな調査結果を発表した。(2023/6/21)

女性声優の“存在しない”水着画像をAIで作成、販売……法的に問題ないの? 弁護士に聞いた
実在する人物に似た画像をAIで生成し、それを販売する事例が現れた。顔は女性声優や女優などを模しているようで、水着などを着せている。著名人を模したAI画像やそれを作成できるAIモデルの売買について、法的に問題はないのだろうか。弁護士に聞いた。(2023/6/12)

NEWS Weekly Top10:
Amazonのグラビア写真集が「AI生成だらけ」な件 Spotifyでも“AI汚染”が
集英社が発行した、AI生成画像を使ったグラビア写真集「生まれたて。」がわずか1週間で販売終了となった。一方、個人による販売は2022年後半ごろから相次ぎ、23年に入って激増。Kindleストアの書籍ランキングでも大量にランクインしている。(2023/6/12)

「敷居が高い」の“本来の意味”は? 「うーん、どっちだっけ」と悩んじゃう日本語の意味クイズに挑戦しよう
「パッと思い付く方じゃない方」って覚えるけど、もともと覚えた方忘れちゃう。(2023/6/11)

文化庁の「AIと著作権」の解釈が話題に AIに詳しい弁護士「かなり踏み込んだ内容」
内閣府が公開している資料「AIと著作権の関係等について」がTwitter上で話題になっている。文化庁が制作した資料で、AIと著作権に対する現行法での見解などをまとめている。(2023/6/5)

文化庁、「AIと著作権」のセミナー開催 YouTubeライブで限定配信、受講料は無料
文化庁は、著作権に関するセミナー「AIと著作権」を開催すると発表した。(2023/6/2)

「これは理不尽」「え、合ってるやん」 学校の漢字テストの採点と“正解”に疑問視する声が寄せられ話題に
まさかのバツ。(2023/5/20)

林修さん「年収890万〜920万ないと社会のお荷物」発言の切り抜きに法的処置 「私の見解ではない」
SNSの利用に関して注意を呼びかけました。(2023/5/17)

【本来の意味は?】「おもむろに」の意味は「不意に」?「ゆっくりと」?
「パッと思い付く方じゃない方」って覚えるけど、もともと覚えた方忘れちゃう。(2023/5/8)

藤竜也と麻生久美子、26年ぶりに親子役で共演 映画「高野豆腐店の春」が8月18日に公開決定
豆腐のように胸に沁みる映画、できました。(2023/4/28)

文化庁、約5万本の映画情報を集めた「日本映画情報システム」を閉鎖 一体なぜ? 理由を聞いた
5万本近い映画の情報を集積しているデータベースサイト「日本映画情報システム」が3月31日に公開を終了していた。文化庁に理由を聞いた(2023/4/7)

アニメ「ゴールデンカムイ」やり直し放送、4月3日から
アニメ「ゴールデンカムイ」の製作委員会は、放送を延期していた4期をあらためて4月から放送すると発表した。4月3日の午後11時からTOKYO MXなどで放送する。(2023/3/2)

無料公開された“契約ガイドブック”が話題に 芸術分野のフリーランス必読の内容に「素晴らしい」「勉強になる」
安心して作品へ打ち込める環境作りのために。(2023/2/13)

小寺信良のIT大作戦:
パナソニックの録画用ブルーレイディスク生産完了と、宙に浮く「録画補償金」
パナソニックが録画用Blu-rayディスクの生産を完了すると発表した。見逃し配信の充実やYouTubeなどの台頭などからBlu-rayディスクの需要は落ちている。そんな中、2022年8月に急きょ持ち上がった「録画補償金」の復活だったが……。(2023/1/31)

AIでイラストを“トレパク”? 既存画像から再生成する「i2i」機能を巡る法解釈
イラスト生成AIには既存画像を入力として新規画像を再生成する「i2i」機能を持つものがある。これを悪用して他人の作品にそっくりな画像を生成し公表する行為は法的にどう解釈されるのか。弁護士に見解を聞いた。(2023/1/25)

「宇宙よりも遠い場所」が舞台化、東京で5月に上演 キマリ役に堀内まり菜、小淵沢報瀬役に石井陽菜
「#ババババンビ」の岸みゆさんや、AKB48の北澤早紀さんも出演。(2023/1/24)

小寺信良のIT大作戦:
権利者不明「孤児作品」問題の解決に一歩 文化庁が提案する新制度をひもとく
孤児作品とは、著作権の継承者(多くの場合は子や孫)が誰でどこにいるのか分からないため、許諾を得る事ができない作品を指す。そんな中、文化審議会 著作権分科会 法制度小委員会が2年間に渡る審議を経て報告書案をまとめた。孤児作品問題をどう解決していくのかひもといてみる。(2023/1/19)

2022年の人気「LINEマンガ作品」発表 女性1位は『私の夫と結婚して』、男性1位は?
「LINEマンガ」を運営するLINE Digital Frontierは、LINEマンガ内で最も支持を集めた作品をランキング化した「2022年間ランキング」を発表した。女性編の1位は「私の夫と結婚して」だった。男性編の1位は?(2022/12/10)

ダウンも売れる:
まだTシャツの沖縄で、ユニクロのヒートテックがもう売れている理由
夏日の日もある沖縄で、ユニクロのヒートテックがもう売れている。その理由に迫ったところ……。(2022/11/22)

「住みたい街」5年連続トップの横浜  住民だけでなく企業からも人気を博し続ける納得の理由
横浜といえば、「住みたい街」ランキングで5年連続トップとなるなど、人気の街だ。一方で、企業とのコラボや撮影依頼も多く、企業からも人気を博している。いったいなぜ、これほどまでに横浜は人気なのだろうか。市の歴史や取り組みとともに解説する。(2022/11/17)

インボイスで漫画家の2割が廃業も? 危機感抱くエンタメ業界 声優・アニメ・演劇団体と共同記者会見
インボイス制度が始まると、エンタメ業界のフリーランスのうち2割が廃業するかもしれない――11月14日、インボイス制度反対を訴える記者会見を、声優・漫画・アニメ・演劇業界が連携して実施した。(2022/11/16)

作家・津原泰水さんが58歳で逝去 河出書房新社が「闘病の末、10月2日に逝去されました」と伝える
『夢分けの船』が最後の小説に。(2022/10/5)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(7):
老後を生き残る戦略として「教祖(仮)」になってみた
前回に続き、老後の生き残り戦略の一つとしての信仰を考えてみます。今回、私は「教祖(仮)」となり、「教祖ビジネス」についてさまざまな角度から検討してみました。(2022/9/30)

Z世代は要注意? あなたの評価を下げる「違和感のあるメール」
今どきの話し言葉や違和感のある敬語──ちょっとしたメールでの表現のミスが、上司や取引先からの評価の低下につながることがあります。誰が読んでも違和感のない言葉で、スムーズにメールが書けるようになるために、気を付けるべきポイントを解説します。(2022/9/26)

運慶展+特別展「特集:井上文太 Inspirations」:
運慶からスカジャンまで 横須賀美術館が仕掛けた「市内との相互誘客戦略」
「運慶 鎌倉幕府と三浦一族」が約2カ月間で、5万人の来場者を集めた横須賀美術館。好調の背景には、「美術館を街づくりに生かしていく」というコンセプトを打ち出す横須賀市による「誘客戦略」があった。画狂人・井上文太さんとの取り組みなどから、その背景をひもとく。(2022/9/23)

「Blue Carpet Project」でクリエイターを支援するインテル――最新PCを手にしたクリエイターが驚いた理由
「インテル Blue Carpet Project」は、インテルがPCメーカー/パーツベンダーを始めとして、教育機関やクリエイティブカンパニーと連動して、クリエイターを包括的に支援するものだ。3月のスタートから、どのような取り組みがあったのだろうか。(2022/9/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。