ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「原作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「原作」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「うる星やつら」新規アニメ化 ファン大歓迎も「あのハチャメチャさは今できるのか?」
「うる星やつら」が再びアニメに。原作から選び抜かれたエピソードを4クールにわたりフジテレビの「ノイタミナ」枠で放送する。主人公の諸星あたるは神谷浩史さん、ラムは上坂すみれさんが演じる。(2022/1/1)

【Kindleセール】『クレヨンしんちゃん』を冬休みにイッキ読みしよう!キャンペーン 原作漫画が66円に
期間限定無料作品も。(2021/12/27)

「呪術廻戦」8巻まで無料配信 各電子書籍販売サイトで期間限定
集英社は25日、映画「劇場版 呪術廻戦0」の公開を記念して、原作まんが「呪術廻戦」のコミックス1巻から8巻までの無料配信を始めた。(2021/12/25)

原作脱落組による「劇場版 呪術廻戦 0」レビュー “「呪術」初心者”でも楽しめるこの冬一番の話題作
花澤香菜のヤンデレボイスもすごかった。(2021/12/24)

「なんて美しい教師なんだ」田中圭、古屋兎丸原作「女子高生に殺されたい」で狂気的な教師を怪演
クリスマスイブにピッタリなタイトルですね!!(2021/12/24)

【Kindleセール】KADOKAWAのアニメ原作ライトノベルが50%オフ! 『灼眼のシャナ』『狼と香辛料』『スレイヤーズ』などが半額に
セール期間は12月10日〜12月23日まで。(2021/12/17)

「漫画村」運営者を特定した現役弁護士が原作務める、異色の法律漫画『弁護士・亜蘭陸法は漫画家になりたい』が単行本に
「弁護士の自分が原作者になれば、代理人ではなく当事者として海賊版サイトと対決できる」と、原作者のゆうきまひろさん。(2021/12/17)

【追記】『なかよし』2作品が原作担当者の女児わいせつで連載終了 講談社「断じて許されない卑劣かつ悪質な行為」
『はらぺこペンギンカフェ』『とむとじぇりー ナナイロ』の2作品。(2021/12/14)

“税金で買った本”をめぐる悲喜こもごもの人間模様 ヤンキーが図書館で働く漫画が書籍化
図書館勤務経験のある原作者にお話を聞きました。(2021/12/13)

「アーケイン面白かったから原作も遊んでみたいな!」と思った人へ、LoLの楽しい部分を伝えて背中を推したい記事を書きました
「治安が悪いゲーム」という評判も否定はしませんが……。(2021/12/9)

君は『ハリー・ポッター』伝説の挿絵「トム・リドルの墓」を知っているか? 日本語原作を完全再現した粘土細工があまりにシュール
見れば見るほどじわじわくる。(2021/11/26)

「ボボボーボ・ボーボボ」から伝説の“無敵要塞ザイガス”がまさかのフィギュア化 原作連載20周年を記念して
毛抜きビーム解毒剤「ケハエールアルファ」も付属。(2021/11/19)

【Kindleセール】最大50%オフのライトノベルキャンペーン開催 原作小説『ソードアート・オンライン』など1000冊以上
KADOKAWA、講談社、マイナビ出版などのライトノベルがセール中。(2021/11/2)

渋谷マルイで「ボボボーボ・ボーボボ展」開催決定 原作の連載開始20周年を記念して
ボーボボだ!!!! ボボボーボ・ボーボボが出たぞ!!!!!(2021/10/25)

ポケモンGOで「バケッチャ」4つの大きさで登場 ハロウィン後半「メガアブソル」も初実装
ポケモンGOで22日からハロウィンイベントの後半がスタートしました。初登場のかぼちゃポケモン「バケッチャ」は、原作ゲームと同様に4つのサイズで出現しました。(2021/10/22)

ジャズ漫画「BLUE GIANT」、2022年に劇場アニメが公開 原作者も喜び「本当に音が出る映画になる…凄いことです」
ついに、大のサックスを聞けるときが!(2021/10/21)

「DUNE/デューン 砂の惑星」レビュー 60年前の作品を、なぜ「今」映画化するのか
原作小説の成り立ちから解説。(2021/10/19)

「進撃の巨人」The Final Season、2022年1月9日からPart2放送 「大変だったシーンが一番楽しみ」と原作者も期待
10月からは総集編と番外編を放送。(2021/10/13)

畳を汚しただけで未来が変わる!? 現代でひっそり暮らす未来人が歴史を守る日常系SF漫画がじわじわくる
原作者は「となりの関くん」の森繁拓真さん。(2021/9/21)

実写映画「文豪ストレイドッグス BEAST」、2022年1月7日に公開 監督は「仮面ライダーW」「フォーゼ」の坂本浩一
脚本は原作者である朝霧カフカさん。(2021/9/17)

ポケモンGOに「マーイーカ」登場 「カラマネロ」への進化方法は“回転”
ポケモンGOに「マーイーカ」が登場しました。進化方法は原作ゲームと同様、少し特殊です。(2021/9/9)

「何でもありの境目ギリギリを突いていく」 『テニスの王子様』連載開始から22年、原作者・許斐剛がファンの想像を超え続ける原動力
アニメ、ミュージカルと多方面に展開される人気作。(2021/9/3)

原作絵が動く……だと……? 映画「東リベ」主題歌×原作コラボMVを公開 過去現代のマイキーが切り替わる演出に「鳥肌」
最強のコラボよこれ。(2021/8/31)

「フィットボクシング」まさかのアニメ化 ゲームの豪華声優陣が出演
イマジニアは27日、Nintendo Switch用ソフト「Fit Boxing」を原作とするテレビアニメーション「キミとフィットボクシング」を10月からTOKYO MXで放送すると発表した。(2021/8/27)

【長田悠幸×町田一八インタビュー】:
ロックバンド漫画の新たな金字塔『シオリエクスペリエンス』の“圧倒的”音楽表現はどのようにして生み出されたのか
原作者の町田一八さんと、作画の長田悠幸さんの2人に制作の裏側を聞きました。(2021/8/25)

「原作者がガチ弁護士」「敵がいきなり漫画村(っぽいやつ)」―― マンガワンでスタートした『弁護士亜蘭陸法は漫画家になりたい』にネットざわつく
漫画村裁判の当事者が原作を担当しております。(2021/8/20)

映画「スラムダンク」は22年秋公開、原作者の井上雄彦さんが自ら脚本/監督に
映画「SLAM DUNK」(スラムダンク)の公開が2022年秋に決まった。原作者の井上雄彦さんが自ら脚本と監督を務める。(2021/8/13)

映画「SLAM DUNK」は2022年秋公開 30秒のPVが解禁、監督・脚本は原作者の井上雄彦
あと1年ちょっと……!(2021/8/13)

ヤヤヤヤヤッフゥー! USJマリオエリアで撮影した“ケツワープごっこ”に「やりに行きたい」「声が脳内再生される」
原作ならこの後室外に吹っ飛びます。(2021/7/21)

イチジョウは“20歳前後のつらかった俺たち” 『上京生活録イチジョウ』原作者&担当編集インタビュー
圧倒的“上京物語”はこうして生まれた。(2021/7/20)

クイズDEドラマ:
眞栄田郷敦が演じる“性悪キャラ”に「むかつく〜!」 ドラマ「プロミス・シンデレラ」、原作ファン「胸糞悪くてもどうか耐えて…」
眞栄田さんがガチ性悪キャラを熱演。(2021/7/14)

映画「100日間生きたワニ」レビュー 大方の予想を裏切る傑作 「カメ止め」監督が描いた“死と再生”
映画版には、原作の炎上騒動に失望した人が「納得」できる理由があった。(2021/7/9)

DAIGO、自身が主役の姉・影木栄貴原作BLコミックにタジタジ 「かなりのBLで読んでいた漫画を一度閉じました笑」 
DAIGOさんは同キャラクター役で映画出演したこともあります。(2021/7/2)

「FF9」が児童向け作品としてアニメ化へ 仏アニメ制作会社がライセンス取得
シリアスな展開の原作がどうなるのか期待……!(2021/6/22)

映画「モータルコンバット」レビュー R15+指定だけど中学2年生の心が燃え上がるゲーム原作映画の理想系
「グロいのが大丈夫な、中学2年生の心を持つ大人」は絶対に映画館で見てほしい。(2021/6/16)

【※延期】「ELDEN RING(エルデンリング)」発売日が2022年1月21日に決定 フロム・ソフトウェア×「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者のダークファンタジー
きたああああああああ!!!(追記あり)(2021/6/11)

アニメ「ルパン三世」PART6が10月から放送決定! 原作の非情なルパンも見られそう
シリーズ構成は推理作家でアニメ「名探偵コナン」の外部脚本なども手掛けた大倉崇裕さん。ルパンをひもとく“2つのキーワード”でストーリー展開。(2021/5/26)

神木隆之介「るろ剣」最終章にサプライズ出演 原作にない展開へ歓喜の声の一方で「最近サプライズ出演多くない?」
「エヴァ」に引き続き観客の度肝を抜いた神木さん。(2021/5/14)

テレビアニメ「古見さんは、コミュ症です。」が2021年10月に放送開始 「アッニッメッ!!!!」と原作者も喜び爆発
主人公の古見硝子を演じるのは古賀葵さん。(2021/5/11)

あのキャラに花束を:
アニメ「イジらないで、長瀞さん」は怖くない 原作を読んで、キツめないじりの裏にある長瀞さんの淡い思いにニヤニヤしよう
センパイがどんどんかっこよく見えてくる作品です。(2021/5/15)

クイズDEドラマ:
ドラマ「ゆるキャン△2」このタイミングで2巻の内容を放送?→まさかのつなぎ方に原作ファンも納得
そうきたか。(2021/4/24)

会社を辞めて田舎暮らしを始めた元編集者が“自信と安心感”を得た理由
講談社の新刊『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』の原作者&担当編集にインタビュー後編。(2021/4/23)

「田舎暮らしは異世界」 限界を迎えたサラリーマンが退職して移住したら人生が変わった話
講談社の新刊『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』の原作者&担当編集にインタビュー。(2021/4/22)

【Kindleセール】『将太の寿司』合本版全7巻が各11円! ライバルの悪行が大概ひどい寿司漫画の名作
原作27巻分が77円!(2021/4/18)

アニメ「やくも」の舞台裏【前編】:
多治見が舞台の陶芸アニメ『やくならマグカップも』、“原作者”は東京ディズニーランド生みの親! 仕掛け人が明かす観光戦略の裏側
聖地巡礼の元となる地域住民がコンテンツを制作し、アニメ化となる原案を作る――そんな地方創生戦略のもとに動いていた作品がある。漫画『やくならマグカップも』だ。陶芸に打ち込む女子高生を描いた作品で、「美濃焼」で知られる岐阜県多治見市を舞台にしている。仕掛け人のIT企業「プラネット」の小池和人会長によると、その背景には東京ディズニーランドの生みの親である故・堀貞一郎さんとの切っても切り離せない関係があるという。東京ディズニーランドと『やくも』はどうつながっているのか。なぜ、コンテンツで地方創生を志そうと思ったのか。小池さんに聞いた。(2021/4/5)

演劇調異譚「xxxHOLiC」、オールメールで2021年秋上演 侑子役の太田基裕に「めちゃめちゃ侑子さん」と驚きの声
CLAMPの人気漫画が原作。(2021/4/1)

「劇場版 呪術廻戦 0」2021年冬公開 特報映像もさっそく100万回再生の反響「思わず声出ました」「0巻映画化アツすぎ」
『呪術廻戦』の前日譚が原作。(2021/3/27)

雰囲気変わりすぎだろ! 映画「孤狼の血 LEVEL2」、松坂桃李が“優等生”刑事の面影ゼロなひげ面に
原作は広島県警と暴力団の抗争を描いた作品。(2021/3/25)

「千年パズル」のプラモデルが8月発売 「完成手順の説明がない」原作仕様
鎖も買わなきゃ。(2021/3/19)

「池袋ウエストゲートパーク」が舞台化、演出は「ドロップ」監督の品川ヒロシ 原作者からも期待のコメント
2021年6月と7月に東京都で上演。(2021/3/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。