ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「原作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「原作」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

吉岡里帆、小学館の漫画原作ドラマ制作中止に「大事な決定だと思います」「色んなことが起きすぎて眠れません」
タイトルやキャストについては正式発表はされていませんでした。(2024/2/23)

劇場アニメ「トラベジウム」に上田麗奈が華鳥蘭子役で出演 元「乃木坂46」高山一実の小説原作
上田さん「物語の中でも良いスパイスになったり、潤滑油になったり、いろんなシーンに彼女の魅力がちりばめられている」。(2024/2/19)

「セクシー田中さん」について日テレが声明 特別調査チームを設置へ 小学館なども協力
テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者である芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、日本テレビ放送網は、声明を発表した。同社のドラマ制作部門から独立した社内特別調査チームを設置し、調査に臨むという。(2024/2/15)

鈴木亮平、“漫画原作の実写化”渦中で光る存在感 初映像解禁でコメントからにじむリスペクトと配慮に称賛集まる
「責任と愛を持って演じさせていただいたつもりです」(2024/2/9)

小学館、「セクシー田中さん」芦原先生の逝去にコメント発表 現場編集者からの声明も
「セクシー田中さん」の原作者である芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、小学館がコメントを発表した。また、小学館第一コミック局の現場編集者による声明も掲載。「芦原妃名子先生の訃報に接し、私たち第一コミック局編集者一同は、深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます」としている。(2024/2/8)

芦原妃名子さん死去で脚本家の相沢友子さんコメント SNS発信「慎重になるべきだった」
日本テレビ系ドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さんの死去を受け、ドラマで脚本を担当した相沢友子さんが、追悼のコメントを発表した。相沢さんは2023年末、ドラマの最終回が放送された後にInstagramで終盤の脚本を原作者が書いたことなどを明らかにしていた。(2024/2/8)

日本シナリオ作家協会、“原作者と脚本家の関わり方”動画について謝罪 「故人の尊厳に関わる軽率な行為だった」
日本シナリオ作家協会は、公式YouTubeチャンネル「シナリオ作家協会チャンネル」で掲載した動画について謝罪文を公開した。(2024/2/5)

『セクシー田中さん』問題めぐる動画について日本シナリオ作家協会が謝罪 「故人の尊厳にも関わる軽率な行為」
動画の出演者が原作者を軽視していると取られかねない発言に非難が寄せられると、動画を削除する対応をして物議を醸していた。(2024/2/4)

伊藤英明、『海猿』原作者に感謝伝える「記事を読みました」 当時もらった原画も「『海猿』は僕にとって一生の財産」
原作漫画家の佐藤秀峰さんは原作改変に憤りを示しました。(2024/2/3)

「セクシー田中さん」原作者・芦原妃名子さんの死去、出演者の生見愛瑠にコメント殺到「黙ってるだけ?」……数日後に当人「心の整理がつかず」
派遣OLの倉橋朱里役で出演していた生見さん。(2024/2/2)

出演者「対応として最悪です」 「セクシー田中さん」騒動めぐるシナリオ作家協会の動画削除で物議
動画では出演者が原作者を軽視していると取られかねない発言があり、非難の声が寄せられていました。(2024/2/2)

『ぼっち・ざ・ろっく!』から生まれた異端の「酒クズ」スピンオフ 『廣井きくりの深酒日記』作者くみちょう&原作者はまじあきインタビュー
飲キャならロックをやれ!(2024/2/1)

スピン経済の歩き方:
『セクシー田中さん』の悲劇で加速する 日本マンガ実写化ビジネスの海外流出
テレビドラマ化した漫画原作者が亡くなるという悲劇が起きてしまった。同じことを繰り返さないために、日本のコンテンツビジネスで求められることとは――。(2024/1/31)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
原作再現度ハンパない映画「ゴールデンカムイ」 それでもマンガ家が惜しいと思った理由
19日に映画「ゴールデンカムイ」が公開されました。隠されたアイヌ民族の埋蔵金を巡るサバイバルバトルを描く、野田サトルさんの漫画を実写で映像化した話題作です。(2024/1/28)

『セクシー田中さん』原作者のぶっちゃけに業界関係者間でも反響 「許可を得ずにやってはいけない」「リスクを持ち発言された」
実写ドラマ化の条件「漫画に忠実に」守られなかったと原作者が主張。(2024/1/27)

原作の漫画家が自らドラマ脚本を書いた理由 外された脚本家は「苦い経験」 日テレ「セクシー田中さん」巡るゴタゴタ
日本テレビで昨年10月から放送したドラマ「セクシー田中さん」について、原作者で漫画家の芦原妃名子さんが苦言を呈した。(2024/1/27)

実写ドラマ化の条件「漫画に忠実に」守られず…… 『セクシー田中さん』作者が終盤の脚本を執筆した経緯を説明
よくある展開に変えられる、原作からかけ離れたキャラクターに変更されるなどの改変があったといいます。(2024/1/27)

齋藤飛鳥&あの&櫻井海音らで『【推しの子】』の実写化決定 原作意識のキャラビジュ解禁も賛否両論「ピッタリだと思う」「コスプレ感バリバリ」
楽しみではある。(2024/1/24)

「推しの子」実写化決定、アマプラと劇場で 原作者「本当に大丈夫ですか? という気持ち」
「推しの子」の実写ドラマ化と映画化が決定した。Amazonと東映の共同プロジェクトとして、2024年冬にドラマシリーズをAmazon Prime Videoで独占配信し、映画を劇場公開する。(2024/1/24)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
「キャプテン翼」をバイブルと仰ぐマンガ家が連載終了で考えたこと
1月5日、集英社の「キャプテン翼マガジンvol.19」で、原作者の高橋陽一先生から「キャプテン翼」の連載終了、そして高橋先生はマンガ執筆の第一線から退くことが発表されました。(2024/1/14)

映画「ゴールデンカムイ」オソマ役に話題の子役 「ビジュが神ww」「原作に一番近いキャスティングかも」と期待の声
オソマ役は子役の永尾柚乃ちゃん。(2024/1/5)

休止していたアニメ「ゾン100」残り3話を一挙放送 7話までの総集編をYouTubeで公開 Xで原作漫画も
放送を休止していたテレビアニメ「ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜」の未放送分が、12月25日に3話連続で放送される。(2023/12/22)

チャーケストラって何だよ! 約3年ぶり3度目の“チャー研ステ”、12.26特別公演がカオス極まる
12月26日の特別公演に、手島いさむさんや原作アニメの大ファンが集まったというオーケストラ集団が舞台に初出演。(2023/12/18)

原作20周年の「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」が合同イベント 「SOS☆感謝祭」が開催決定
☆だけで「らき☆すた」って分かる。(2023/12/18)

『ONE PIECE』完全新作映像で再アニメ化 「進撃」のWIT STUDIOが制作、Netflixで配信
原作漫画の第1話目から再アニメ化。(2023/12/17)

元「乃木坂46」高山一実のデビュー小説『トラペジウム』がアニメ映画化 原作は累計30万部を売り上げ
2024年5月10日公開です。(2023/12/12)

映画「正しいアイコラの作り方」、2024年2月10日に公開決定 坪根悠仁・花音・高石あかりによる青春ミステリー
原作は「小説家になろう」に投稿された同名小説。正しいアイコラとは?(2023/12/8)

キラキラどころじゃない珍ネームが原作とオリジナル映画をつないだ 「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」ポール・キング監督、来日インタビュー
撮影には本当に食べられるチョコレートが使用されています。(2023/12/8)

『ワンパンマン』原作が約5カ月ぶりに更新 村田雄介「世界の危機にあのヒーローが帰ってきたっぽい!」
熱くて不穏な展開。(2023/12/4)

「からかい上手の高木さん」の実写映画化、“10年後のオリジナル設定”が物議 「原作ファンなら見ねえ」と手厳しい声も
原作準拠のドラマ版と地続きの物語になるもよう。(2023/11/28)

村上春樹原作舞台のトークイベントで「不適切発言」 主演俳優が謝罪……「取り返しのつかない愚かな発言」
俳優の成河さんが謝罪。(2023/11/15)

鳥山明さん原作アニメ「SAND LAND」がシリーズ化、来春配信へ 映画の続きも
映画「SAND LAND」が「SAND LAND: THE SERIES」としてリニューアル。動画配信サービス「ディズニープラス」で2024年春から独占配信する。(2023/11/14)

レシートに残されたルーピン先生の名言がしみる…… タリーズのハリポタコラボが「原作愛すごい」と話題 
レシートは2022年開催時のもの。2023年ではどんな趣向が?(2023/10/26)

令和の世に『らき☆すた』のイベント!? 原作20周年を記念して初のフィルムコンサート開催 「らっきー☆ちゃんねる」の2人も登場
聖地・鷲宮も近い会場で開催されます。(2023/10/14)

神山智洋、“見た目が18歳、実年齢は88歳”キャラ演じるため外見改造 初の単独主演「白暮のクロニクル」2024年放送&配信決定
ゆうきまさみさんの同名漫画が原作。(2023/10/5)

「ハリポタ」ダンブルドア役マイケル・ガンボン逝去、原作者ローリングや出演者も追悼「個人的なロールモデル」
お悔やみ申し上げます。(2023/9/29)

話題のアニメ「葬送のフリーレン」、原作マンガ10巻無料公開中 期限は金曜ロードショーの直前まで
小学館は、マンガ「葬送のフリーレン」の1〜10巻を無料公開した。マンガアプリ「サンデーうぇぶり」上で、9月29日午後9時まで公開中。(2023/9/28)

麻雀アニメ「ぽんのみち」、主題歌付きPVが初解禁 元乃木坂でMリーガー・中田花奈の歌声響く
講談社がオリジナルテレビアニメの原作開発に挑戦した第1弾作品は2024年1月から放送。(2023/9/15)

アガサ・クリスティひ孫、時代に沿った表現の変更を「わずかな代償」とする覚悟 最新映画「名探偵ポアロ:ベネチアの亡霊」では原作を大胆改編
100年前の読者も、現代の読者も同じ気持ちで楽しめる作品に。(2023/9/13)

ケネス・ブラナーが語る“名探偵”の心得 シリーズ最新作「名探偵ポアロ:ベネチアの亡霊」公開直前独占コメント
ホラーテイスト強め、原作ファンもドキドキのミステリー。(2023/9/7)

売上7億円超の漫画『小悪魔教師サイコ』作画家・合田蛍冬氏が出版社を提訴 同時期に同一原作の後発漫画が出版されトラブルに
【出版社からのコメント追記】賠償請求額は3円。(2023/8/29)

AIの遺電子と探る未来:
“人を動かすAI”は賢くなくてもいい 親しすぎるのは危険だから規制するべき? 専門家と漫画家で議論してみた
今回の記事は、感情に訴えるふるまいをするロボットやAIの可能性について。日本SF作家クラブ会長でもあり、人とエージェントの関係性を研究する慶應義塾大学准教授の大澤博隆さんと、AIの遺電子原作者・山田胡瓜さんの対談でお届けする。(2023/8/25)

ダイソーの『ブラック・ジャック』コラボグッズが人気 イラストを深読みすると…… ダイソーに意図を聞いた
ピノコが飲んでいる薬は、実は原作だと……。なぜ薬袋のデザインにこのコマを採用したのか、ダイソーに聞きました。(2023/8/29)

PR:田中芳樹氏「原作にできなかったことをゲームで」――ノイエ銀英伝が2024年にオンラインゲーム化、原作者とゲームプロデューサーの特別対談を実施
記事下部には直筆サイン色紙のお知らせも。(2023/12/27)

「ウチに女の幽霊がいる。確かめに来てみない?」 訪ねてみると…… 最後まで目が離せないホラー漫画
怪談師・夜馬裕さんが蒐集した実話怪談が原作です。(2023/8/16)

横浜「ポケモントレーナーズクルーズ」が“サントアンヌ号”過ぎるとファン歓喜 ごみ箱に原作のメッセージが
これはテンション上がる。(2023/8/12)

橋本環奈×福田雄一監督の最新タッグ作に佐藤二朗&ムロツヨシ、桐谷美玲ら 本予告映像がついに解禁
青柳碧人さん原作の「赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。」。(2023/8/8)

任天堂決算:
映画『スーパーマリオ』興行収入、ゲーム原作で歴代1位 IP関連収入が約3倍に
映画『スーパーマリオ』の世界興行収入がゲーム原作の作品として歴代1位になったと発表。作品の世界的ヒットで、IP(知的財産)関連収入が前年同期比190%増の318億円を記録。今後の作品展開にも意欲を示した。(2023/8/3)

「3年かけて準備した連載が出版社都合で中止」漫画原作者の投稿で波紋 最終段階で法務から表現内容に指摘
『ヤングマガジン』で予定していた連載が、法務から表現内容に不適切な表現があると指摘があり、白紙になったと原作者が伝えています。(2023/7/26)

「AIの遺電子」と探る未来:
人は4本の手を扱える?体は何個まで?→「体もう1つは余裕」 身体拡張の可能性を東大・稲見教授に聞く
「猫の手も借りたい」「体がもう一つ欲しい」とはよく言ったもの。1つの体、2本の腕と2本の足ではできることにも限界がある。そんな限界を取り払おうとしているのが、東京大学先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授だ。人間は果たしてどこまで拡張できるのか。アニメ「AIの遺電子」原作者の山田胡瓜さんと対談した。(2023/7/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。