ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「実写」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「実写」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

クマが“数の暴力”より“知恵”で統治する 奇妙なフランス・イタリア合作のアニメ映画「シチリアを征服したクマ王国の物語」レビュー
クマさん版ベルセルクだった。(2022/1/16)

Innovative Tech:
ジョジョのキャラクター風に顔写真を変換する「JoJoGAN」 1枚の画像からAIが学習
米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究チームは、入力した1枚の顔画像を漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のキャラクター風に変換する機械学習フレームワークを開発した。「空条承太郎」など、作中のキャラクターに似せた顔に変換する。(2022/1/6)

視点:
エンタメ業界に学ぶ技術戦略の要諦
近年では、業界を問わず経営戦略を語る上でテクノロジー活用は切っても切り離せない。エンタメ業界も例外ではなく、さまざまな先端テクノロジーが生まれている。(2022/1/5)

映画「シン・エヴァ」21年の興行収入1位に コロナに負けなかった1年の軌跡
21年公開の映画で興行収入1位になった「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。コロナ禍で2度の延期、思うようにイベントなども行えない中で発揮した強さとは? 興行収入102億8000万円に至る軌跡を振り返る。(2021/12/31)

本当に「ネイティブ超え」をしたのか? 新ツール「ICAT」で検証するNVIDIAの最新超解像技術の実力
NVIDIAがゲームにおけるグラフィックスの画質を比較するためのツール「Image Comparison & Analysis Tool(ICAT)」を開発した。これを使って、GeForceの最新ソフトウェアで実装された「 Image Scaling and Sharpening」「DLSS 2.3」の実力をチェックしていこう。(2021/12/30)

【漫画】飼い主が愛猫に「PCの席を譲って」と頼んだ結果…… 猫ちゃんらしい結末が面白くてほっこりする
最優先事項はいつだって猫さま。(2021/12/30)

大のアニメ好きが選ぶ“もっと評価されるべき2021年アニメ”ランキングTOP20! 『バック・アロウ』『ゲキドル』ら快作を抑えた1位は?
映画部門には意外な作品もランクイン。(2021/12/29)

1年で倍に増えた「実物大ガンダム」 お台場、横浜から上海、福岡へ VR空間や東京五輪にも
2021年、コロナ禍に翻弄されながら倍に増えた実物大ガンダム。お台場と横浜から上海、そして福岡へと広がったガンダム立像とガンダム関連の話題を振り返る。(2021/12/29)

サンタとニンジャと仮設トイレ!? コスプレ必須のバイクレースがカオスすぎる
スタート直後はまさにカオス。(2021/12/26)

「ポプテピピック」第2シリーズ2022年放送決定 蒼井翔太だらけの特報映像で「クソアニメ2期」がトレンド入り
どんなクソで驚かせてくれるのか。(2021/12/26)

映画「AKIRA」YouTubeで無料公開、28日まで 講談社「大友克洋全集」発売記念で
YouTubeのアニメ専門チャンネル「フル☆アニメTV」は、1988年公開のアニメ映画「AKIRA」を無料公開している。(2021/12/24)

「なんて美しい教師なんだ」田中圭、古屋兎丸原作「女子高生に殺されたい」で狂気的な教師を怪演
クリスマスイブにピッタリなタイトルですね!!(2021/12/24)

アマプラ2022年1月の見放題作品にポケモン新作「神とよばれし アルセウス」 「パラサイト」や「銀魂」劇場版アニメも
これまでレンタル配信だった「パラサイト 半地下の家族」が見放題対象に。(2021/12/23)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
PS5でMatrixメタバースにダイブしたら「Unreal Engine 5」の恐ろしさを垣間見た話
Epic Gamesの「The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience」を体験して考えた、ゲームエンジンの現在と未来。(2021/12/14)

実写版「カウボーイビバップ」の打ち切りが決定 ファンの反応に温度差「ですよねー」「まだ見たかった」
日米Twitterでトレンド入り。(2021/12/10)

VR「東京五輪マラソンコース」東京都が製作、ラン&自転車で大会コース走れるぞぉぉ 「ROUVY」で対応
12月12日にはVRで「大会」も。(2021/12/6)

視点:
韓国エンタメ業界に学ぶグローバル成功の鍵
韓国のエンタメ業界がこれまで以上に世界規模で大成功を遂げているのには、アーティストやタレントの才能、作品性の高さは言うまでもなく、それに加えてエンターテインメントの事業としての成功要因を隅々まで押さえていることが背景に存在する。(2021/12/6)

アニメ「岸辺露伴は動かない」NHKが地上波で初放送 「12月は露伴がいっぱい」
NHKは3日、オリジナルビデオアニメ「岸辺露伴は動かない」を18日と20日に総合テレビで放送すると発表した。NHK制作の実写ドラマも新たに3話の放送が決定している。(2021/12/3)

世代交代を成功させた新時代の「メガテン」 仕事の連絡を絶って遊び続けた歴年のファンが「真・女神転生V」をガチでオススメ
過去作への敬意も挑戦も兼ね備え、新たな境地も描いたシリーズ最高傑作!(2021/12/3)

映画「ホリック xxxHOLiC」に松村北斗の出演決定 濡れ髪ビジュアルと「カムカム」“稔さん”のギャップに悲鳴が続出
玉城ティナさんも出演。それぞれのキャラクタービジュアルが発表。(2021/12/2)

メガネ1つで誰でもVTuber、「VTUNER」の可能性 顔バレリスクなしも表情は硬め
ジンズがセンサー内蔵メガネ「JINS MEME」ユーザー向けに、3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。実際に使ってみたところ、率直な感想は「可能性は感じるがまだまだ頑張ってほしい」といったところだ。(2021/12/2)

実写の自分がVRゲームに入り込んでプレイしているように合成する新機能、Oculus Quest向け
米Meta(旧Facebook)は、「Oculus Quest」のスマートフォン向けアプリに、VRゲームをプレイする自分の姿をiPhoneで撮影して、その映像をVRゲーム内の映像と合成できる新機能などを追加した。(2021/12/1)

メガネを掛けるだけでVTuberになれる 「JINS MEME」用アプリ登場 エンタメ分野での活用探る
ジンズが「JINS MEME」で3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。モーションキャプチャーにカメラを使わないため、実写の風景を撮影しながらアバターをAR合成できる他、“顔バレ”のリスクも排除できる。(2021/12/1)

体を動かすことを“おっくう”に感じる全ての在宅ワーカーへ 「Amazfit PowerBuds Pro」を試してみよう
体を動かす機会が少ない在宅ワーカーも少なからずいると思われる今日この頃、そのような人への「福音」となりそうなワイヤレスイヤフォンが登場した。その名を「Amazfit PowerBuds Pro」という。いろいろと試してみたので、レビューとしてお伝えする。(2021/11/30)

ブックライブ、「2021年 年間売り上げランキング」を発表 『呪術廻戦』を抑えた1位は?
総合電子書籍ストア「ブックライブ」を運営するBookLive(東京都港区)は、売り上げを基準にした「2021年 年間ランキング」を発表した。『呪術廻戦』を抑えた1位の作品は? そのほか、少年マンガランキングや少女マンガランキングなども発表。(2021/11/27)

2021年の「インスタ流行語大賞」、3位「イカゲーム」、2位「東京卍リベンジャーズ」、1位は?
パスチャーは、トレンドを予測するメディアとして独自に選定した「インスタ流行語大賞」、流行に敏感な10〜20代女性に調査した「部門別インスタ流行語大賞」を発表した。(2021/11/28)

Spotify、「Netflix Hub」で「カウボーイ・ビバップ」などのサントラやプレイリストを提供
SpotifyはNetflixとの提携で「Netflix Hub」を公開した。Netflixのコンテンツのサントラやプレイリスト、Podcastがまとまっている。実写版「カウボーイ・ビバップ」のサントラなどをストリーミングできる。(2021/11/24)

実写「ホリック xxxHOLiC」2022年4月公開 神木隆之介×柴咲コウのビジュアル解禁に「こだわりが楽しみ」「忠実に再現して」の声
神木隆之介さんと柴咲コウさんのダブル主演。(2021/11/23)

スパイダーマン最新作、歴代ヴィラン登場シーン解禁で考察が止まらない 「ドックオクは味方?」「まだサプライズとかあるのかな」
過去の実写映画シリーズを想起させるシーンも登場。(2021/11/17)

実写版「おそ松さん」新キャスト発表に反響 チビ太役・桜田ひよりの“ツルピカ頭”が衝撃のビジュアル
チビ太ってこんなにかわいかったんだ。(2021/11/16)

「大友克洋全集」が予約受付スタート! 第1段は『童夢』と「AKIRA」絵コンテ集
ついに……!(2021/11/16)

『東京卍リベンジャーズ』原画展、東京・大阪で開催決定 和久井先生のアナログ生原稿が拝めるチャンス
チケット争奪戦になるって分かってるのに、日和ってる奴いる?(2021/11/15)

テレビアニメ「サマータイムレンダ」のキャスト情報が解禁 主人公・慎平役に花江夏樹、ヒロイン・潮役に永瀬アンナ
安心の花江夏樹主人公……!(2021/11/11)

希良梨、庵野秀明との23年前のアニメ誌表紙を公開 人々に実写映画「ラブ&ポップ」の記憶をよみがえらせる
みんな若い!(2021/11/10)

「やっちまった……」 ハンバーグ師匠、ハンターカブで事故って滑って大転倒「林道嫌いになりそう」
「……いや、ハンターカブ最高!」。(2021/11/10)

実写版「ONE PIECE」キャストが解禁 ゾロ役に新田真剣佑、ゴーイングメリー号のセット公開し「みんな楽しんで」
きたか!(2021/11/10)

まつげまで完全再現 仮面ライダー俳優・武田航平、『呪術廻戦』五条悟“ほぼ加工なし”コスプレに反響
これが「俳優クオリティ」。(2021/11/5)

アニメ「トモダチゲーム」、2022年4月から放送開始 ファンからは「友一の狂気をいけるとこまで演じて」など期待の声
メインキャストとスタッフ情報も合わせて発表。(2021/11/2)

「ガンツ」ハリウッドで実写映画化か 作者は「進んでいることを知りませんでした」とツイート
米国のオンラインメディアが「GANTZ」(ガンツ)の実写映画化プロジェクトを報じた。作者の奥浩哉さんは「昔に契約許諾はしましたが、進んでいることを知りませんでした」という。(2021/11/2)

oricon ME調べ:
4年連続トップだった「Netflix」が2位に 満足度の高い「定額制動画配信サービス」ランキング
oricon MEは満足度の高い「定額制動画配信サービス」ランキングを発表した。同調査は今年で5回目だが、初めて1位が入れ替わる結果となった。(2021/11/2)

スピン経済の歩き方:
「日本のアニメ」は家電や邦画と同じ道を歩んでしまうのか
技術や品質が「下」だとみくびっていた相手に、いつの間にか追い抜かれてしまう。そんな悪夢がやって来るのだろうか。白物家電や邦画が追い抜かれたように、「日本のアニメ産業」も負ける日がやって来て……。(2021/11/2)

「可愛すぎ」「ウツボってドジっ子だったんですねw」 海のギャング・ウツボの意外なギャップに驚きの声続々
海のギャング(とは)。(2021/11/1)

「こんな素晴らしい将来に繋がるとは」 Matt、テレビ出演のきっかけになった“ジョーカー仮装”が超ハイレベル
完成度高い。(2021/10/31)

「めっちゃリアル」「完璧でほれぼれ」 アンミカ、本気を出した「101匹ワンちゃん」クルエラ仮装に絶賛の声
あっぱれ!(2021/10/31)

「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
事故の影響で5時間に渡って通行止め・片側通行などの規制が行われました。(2021/10/28)

未来のインタフェース:
どこでもドアならぬ、どこでも窓「アトモフウィンドウ」が昨対比4倍で売れているワケ
コロナ禍で約4倍に販売数を伸ばしているという、世界とつながる窓「アトモフウィンドウ2」。独自に撮影した世界各国の映像動画を写すことができる窓は、どこでもドアならぬ、「どこでも窓」のよう。コロナ禍での需要増や事業戦略を聞いた。(2021/10/28)

アマプラ11月見放題作品に「マトリックス」シリーズ3作品が登場 「とんかつDJアゲ太郎」「劇場版シティーハンター」も追加
「マトリックス」シリーズが見放題でおさらいできます。(2021/10/27)

Netflixなど19サービスを対象に調査:
「鬼滅の刃」VS「イカゲーム」 動画配信サービスで視聴者数1位になったのは?
デジタルマーケティングなどを手掛けるGEM Partnersは、「定額制動画配信サービス コンテンツ別週間ランキングTOP20」(10月9〜15日)を発表した。アニメ「鬼滅の刃」とNetflixオリジナルの実写ドラマ「イカゲーム」の視聴者数対決が注目を集めた。(2021/10/26)

もしも『北斗の拳』が実写ドラマだったら? 撮影の舞台裏描く異色のスピンオフ漫画がジワジワくる
和気あいあいな撮影現場とのギャップよ。(2021/10/24)

“元セーラー戦士”小松彩夏、愛野美奈子の生誕祭を祝福 北川景子、泉里香ロスで「早く戦士のみんなに会いたいなぁ」
実写版放送からもう18年か〜。(2021/10/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。