ニュース
» 2009年04月27日 19時21分 UPDATE

無線LAN搭載SDカード「Eye-Fi」に動画対応版 4Gバイトで9980円

無線LAN機能を搭載したSDカード「Eye-Fi Share」に、動画を転送できる新版が登場。写真のみに対応した従来のカードは値下げする。

[小笠原由依,ITmedia]
photo 「Eye-Fi Share Video」

 米Eye-Fiの日本法人・アイファイジャパンは4月27日、無線LAN機能を搭載したSDメモリーカード「Eye-Fi Share」新版として、動画転送に対応した「Eye-Fi Share Video」を発売した。容量4Gバイトで9980円。

 SD/SDHCカード対応のデジタルカメラから、無線LAN経由で写真や動画を自動転送し、PCのHDDに保存したり、専用サーバにアップロードできる。動画共有サイトにも対応し、YouTubeとFlickrに動画を投稿できる。

 対応フォーマットはMPEG-1/4とQuickTime、FLV、WMV、AVI形式。ファイル容量は2Gバイト以下。

 Eye-Fi Shareは従来、オンラインストア限定で販売していたが、アップルストアやビックカメラ、ヨドバシカメラなど量販店でも発売。写真転送にのみ対応したEye-Fi Shareの価格は、9980円から7980円に値下げした。


photo 米Eye-Fiのジェフ・ホロブ社長と(左)、アイファイジャパンの田中大祐社長

 Eye-Fiは、YouTubeやFlickrのほかmixi、Picasa、はてなフォトライフなどと連携し、それぞれのサイトに写真をアップできる。iPhoneのカメラで撮影した写真を、事前に設定したPCや写真共有サイトに自動アップロードするiPhoneアプリの提供も、このほどスタートした。

 ニコンやカシオ計算機など国内のカメラメーカーと組み、一部のモデルにEye-Fiを便利に使うための連動機能を搭載。Eye-Fiのジェフ・ホロブ社長は「デジタルイメージングでリーダー的な存在であるパートナーたちと仕事ができるのは戦略的に重要」と話す。

関連キーワード

Eye-Fi | SDカード


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -