ニュース
» 2009年05月11日 19時01分 UPDATE

ねとらぼ:痛車ならぬ“痛凧”、空に舞う

アニメキャラなどをあしらった「痛凧」文化が広がっているようだ。GW中に開かれた「春日部大凧あげ祭り」で痛凧が舞う様子が、ニコニコ動画などで確認できる。

[ITmedia]

 埼玉県春日部市でゴールデンウィーク中に開かれた「春日部大凧あげ祭り」に、痛車ならぬ痛凧(たこ)が登場した。「らき☆すた」や、「ローゼンメイデン」などのキャラクターをあしらった凧が江戸川河川敷の空を舞う様子を、参加者がニコニコ動画に投稿した動画などで確認できる。

 大凧あげ祭りは、毎年5月3日と5日に江戸川河川敷で開催。縦15メートル×横11メートルの巨大な凧を揚げるほか、参加者が持ち寄った凧を揚げるイベントもあり、たくさんの痛凧が空を舞ったようだ。その様子は、参加者のブログやニコニコ動画で確認できる。

 祭りには、昨年ごろから痛凧が登場している模様。Googleで「痛凧」を検索すると、今回の祭りにも参加した「痛凧連合」のサイトなど多くの関連サイトがヒットする。“痛凧文化”はじわじわ広がっているようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -