ニュース
» 2009年05月26日 07時00分 UPDATE

Windows 7はメールソフト非搭載 Liveとの連携でオンライン強化へ

「Windows 7」にはメールソフトや画像管理ソフトなどが非搭載で、Windows Liveで無償ダウンロード提供する。背景には、オンライン上の“MS勢力”を拡大する狙いがありそうだ。

[岡田有花,ITmedia]

 次世代OS「Windows 7」にはメールソフトや画像管理ソフトなどが搭載されておらず、オンラインサービス「Windows Live」で無償ダウンロード提供する形だ。Windows Liveとの連携を強化し、オンライン上のMicrosoftの“勢力”を拡大する狙いがありそうだ。

 Windows 7には、Vistaに搭載されていたメールソフト「Windowsメール」、画像管理ソフト「Windowsフォトギャラリー」、動画製作ソフト「Windowsムービーメーカー」、スケジューラー「Windowsカレンダー」、アドレス帳「Windowsコンタクツ」がすべて非搭載。それぞれ、Windows Liveで無償ダウンロード提供する形になっている。

 Windows 7の目玉機能の1つとしてMicrosoftが推している「リモートメディアストリーミング」も、Windows Liveと連携した機能だ。PCに保存した動画や楽曲を、外出先のPCなどからオンライン経由でストリーミング再生できる機能で、Windows Live IDでログオンして利用する。

 Microsoftはオンライン事業で苦戦中。2009年1〜3月期のオンライン事業の売上高(7億2100万ドル)は総売上高の5%に過ぎず、赤字は5億7500万ドルに上っている。Windows 7のオンライン連携強化には、同社のオンライン事業テコ入れにつなげる狙いがありそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -