ニュース
» 2009年05月29日 12時04分 UPDATE

1210万画素カメラ搭載携帯「Satio」、ソニエリが発表

Satioはキセノンフラッシュやタッチフォーカス付きの高解像度カメラと、フルタッチ機能を備えている。

[ITmedia]

 Sony Ericssonは5月28日、1210万画素カメラを搭載した携帯電話「Satio」を発表した。

ah_satio1.jpg
ah_satio2.jpg

 Satioは、Sony Ericssonが2月に「Idou」のコンセプト名で披露したもの。「リッチなコンテンツ、独自のアプリケーション、最高のエンターテインメント体験を融合する」ことを目指したEntertainment Unlimited構想に基づく。

 OSはSymbian S60を採用。動画撮影もできる1210万画素のカメラを搭載し、キセノンフラッシュ、タッチフォーカス、笑顔検知、ジオタグ機能などが付いている。ディスプレイは3.5インチで16:9ワイドスクリーン。フルタッチ機能を備え、バーチャルQWERTYキーボードや手書き入力が利用できる。音楽プレーヤー、A-GPSも搭載し、コンテンツダウンロードサービスPlayNow areaに対応する。

 通信方式はGSM/GPRS/EDGE 850/900/1800/1900、UMTS/HSDPA 850/900/2100。サイズは112×55×13.3ミリで、重さは126グラム。ブラック、シルバー、ボルドーの3色で、2009年第4四半期初めに一部地域で発売予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -