ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年07月08日 19時18分 UPDATE

DS用「アイマス」、9月発売 今度はアイドル視点で

DS版アイマスは9月17日に発売。アイドル視点でストーリーが進行する。

[ITmedia]
画像 左から水谷絵里、日高愛、秋月涼 (C)窪岡俊之 (C)2002-2009 NBGI

 バンダイナムコゲームスは7月8日、アイドル育成ゲーム「THE IDOLM@STER」(アイドルマスター)シリーズ新作として、ニンテンドーDS用「アイドルマスター ディアリースターズ」を9月17日に発売すると正式に発表した。6279円。

 プロデューサーの視点ではなく、アイドル自身の視点で進行するのが特徴。3人のアイドルから1人を選び、営業やレッスン、オーディションなどを経験してトップアイドルを目指す。

 アイドルの声は2万ワード分以上を収録。オーディションに合格するとテレビに出演でき、持ち歌をフルボイスで披露する。ステージのカメラワークやダンスの振り付けは細かくアレンジできる。

 ニンテンドーWi-Fiコネクションに接続すれば、ステージを全国ランキングに登録して順位を競える。最大16人のプレイヤーが同時にアイドルを応援するゲームも楽しめる。

 今後は「PROJECT IM@S 2nd VISION」として、アイマスシリーズで新たな取り組みを行う。

 アイドルたちの事務所「765プロダクション」を舞台にした「アイドルマスター続編(仮)」の開発をスタート。詳細は来年に発表する。

 「ニコニコ動画」に公式チャンネルを設置するなどメディア展開も加速。音楽CDなどライセンス商品やグッズも投入しており、CDはこれまでに60種類以上を発売し、累計80万枚以上販売したという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.