ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アイドルマスター ディアリースターズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アイドルマスター ディアリースターズ」に関する情報が集まったページです。

アイマスクラスタ感涙! 「アイドルマスター 全アイドル名鑑(仮)」が3月に発売決定
アイマス10周年記念書籍。アイマスシリーズに登場するすべてのアイドルを網羅。(2016/1/29)

うおおおおおおお! ソーシャルゲーム「アイドルマスター SideM」にあの元女装アイドル・秋月涼が参戦
いろんな意味で涙する人続出。(2015/4/30)

アイドルマスターのアイドルキャラ声優がついに100人突破! まだまだ増えるぞ(多分)
今年中にめざせ150……200人!(2015/2/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/4/10)

「テイルズ オブ グレイセス エフ」DLCで「アイマス」衣装称号などが配信!
(2010/12/8)

TGS2009:
お台場のガンダムがTGSにやってきた!? バンナム、D3ブース合わせて20種類以上のタイトルが体験可能!――バンダイナムコゲームス/ディースリーパブリッシャーブース
バンダイナムコゲームスの「鉄拳6」や「機動戦士ガンダムVS.」シリーズ最新作、ディースリーパブリッシャーから発売される劇場公開を控えた「ATOM(アトム)」など、両ブースの体験可能なゲームを一挙に紹介していく。(2009/9/25)

日々是遊戯:
再三話題のタイ産美少女ゲーム「Re Angel」、とうとう日本語体験版が公開に
今話題の美少女ゲームと言えば何でしょうか。「ラブプラス」? それとも「アイマスDS」? いいえ、時代は「Re Angel」です!(2009/9/18)

ライブ、大喜利、質問コーナー、サプライズゲスト――内容盛りだくさんのアイマス4周年ツアー 大阪公演
「THE IDOLM@STER」の全国ライブツアー「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!!」大阪公演が7月23日、なんばHatchで開催された。当日は中村繪里子さん、原由実さん、今井麻美さん、仁後真耶子さん、平田宏美さん、滝田樹里さん、サプライズゲストの沼倉愛美が駆けつけた。(2009/9/18)

日々是遊戯:
消えゆくアーケード版「アイマス」、鳥取のプロデューサーがお金を出し合い復活させる
今年2月に最後の設置店が閉店となり、事実上鳥取からは消えてしまったはずのアーケード版「アイドルマスター」ですが、このたびファンの活動が実を結び、復活させることに成功したとのことです。(2009/8/11)

DS用「アイマス」、9月発売 今度はアイドル視点で
DS版アイマスは9月17日に発売。アイドル視点でストーリーが進行する。(2009/7/8)

876プロからデビューする新キャラ3人にインタビュー――「アイドルマスター ディアリースターズ」
みんなのニンテンドーチャンネルやDSステーションで配信される「アイドルマスター ディアリースターズ」の新人たちにいろいろ聞いちゃうスペシャルコンテンツを紹介する。(2009/6/24)

THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! IN TOKYO:
3時間テンション上がりっぱなし――写真で見る「アイドルマスター」4周年記念ライブ
5月30日に行われたバンダイナムコゲームスの「アイドルマスター」シリーズ4周年記念ライブイベント“THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! IN TOKYO”の模様を写真中心にお届けする(※拡大写真も多めです)。(2009/6/22)

THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! IN TOKYO:
「アイドルマスター」続編の第1弾はニンテンドーDSで――新キャラのCVには戸松遥、花澤香菜、三瓶由布子を起用
「アイドルマスター」シリーズの4周年記念ライブ「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! IN TOKYO」にて、ニンテンドーDS用ソフト「アイドルマスター ディアリースターズ」を開発中であることが明らかになった。(2009/6/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。