ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年07月10日 07時00分 UPDATE

シャープ、亀山第2工場の生産能力を増強 活発な液晶需要に対応

シャープが亀山第2工場の液晶パネル生産能力を8月から1割引き上げ、液晶パネル需要に対応する。

[ITmedia]

 シャープは7月9日、亀山第2工場(三重県)の液晶パネル生産能力を約1割引き上げると発表した。世界の液晶テレビメーカーからの活発な引き合いが続いているといい、生産能力を増強して需要に対応する。

 同工場は今年4月からマザーガラス投入量で月9万枚のフル操業になっているが、8月から月10万枚に引き上げる。

 同社は液晶需要の回復を受け、堺市の新工場の稼働開始を半年早め、10月に前倒しする計画を明らかにしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.