ニュース
» 2009年07月15日 07時00分 UPDATE

USB 2.0の赤外線ワイヤレス化に成功 KDDI研究所

USB 2.0を赤外線でワイヤレス化することにKDDI研究所が成功。赤外線変換装置に仮想USBホスト/デバイスを組み込むことで、USB 2.0の制限をクリアした。

[ITmedia]

 KDDI研究所は7月14日、USB 2.0を赤外線通信でワイヤレス化することに成功したと発表した。モバイル機器とUSB対応周辺機器などを向き合わせるだけでUSB接続できるようになり、利便性が大幅に向上するとしている。

photo

 USB信号を赤外線信号に変換する変換装置をUSBホストとUSBデバイスの両方に取り付け、赤外線でUSB接続する仕組み。

 USB 2.0では、送ったデータに対する返答が約1.5μ秒以内に戻ってこなければならないという制限がある。だが一般に電気信号と赤外線信号の変換にはそれ以上の時間がかかるため、単純な変換では通信ができない。

 このため変換装置に、返答信号を発生する仮想USBデバイス/ホスト機能を組み込んでおき、実デバイス/ホストからの信号に応答させることで制限をクリア。赤外線ワイヤレス化を実現した。

 変換装置には1Gbpsの赤外線通信モジュールを組み込んでおり、高速に通信できるという。開発したシステムは変換装置を外付けにしているが、将来は機器に内蔵することも可能としている。

 関連技術はIrDAのIrUSB SIGが標準化作業を進めている。

関連キーワード

KDDI研究所


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -