ニュース
» 2009年07月23日 07時00分 UPDATE

世界初の3Dデジカメ、富士フイルムが発売 ビューワー、プリントも3D

3D映像を撮影できるデジカメ「FinePix REAL 3D W1」を富士フイルムが発売する。撮影した映像を3Dで楽しめる「3Dビューワー」と写真プリント「3Dプリント」も同時提供。

[ITmedia]
photo 現代版ステレオカメラ「FinePix REAL 3D W1」

 富士フイルムは7月22日、3D映像を撮影できるコンパクトデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1」を8月8日に発売すると発表した。撮影した映像を眼鏡不要で立体視できる3Dビューワーも発売し、写真プリントにする「3Dプリント」サービスもスタート。3D映像に入力から出力まで対応するシステムとして展開する。

 同社によると、3D映像をCCDで撮影し、背面の液晶モニターを裸眼で鑑賞できるコンパクトデジタルカメラは世界初だとしている。価格はオープンで、実売予想価格はカメラが6万円前後、3Dビューワー「FinePix REAL 3D V1」が6万円前後。

 カメラにはズームレンズとCCDを2組搭載し、人間の目と同様に視差を利用して3D化する。画像処理エンジン「「リアルフォトエンジン3D」により3D画像を高速に生成し、30fpsの動画撮影時でもフレーム単位で左右の画像を同期させ、3D動画として撮影できるという。

 背面の2.8インチ液晶ディスプレイでは、撮影した画像を裸眼で立体視できる。両目に届く光の方向を高速・高精度に制御し、両目にそれぞれ別の画像を投影する「ライトディレクションコントロールシステム」を採用。液晶パネルの解像度を生かしながら、ちらつきの無い自然な立体感を裸眼で得られるという。

photo 3Dビューワー「FinePix REAL 3D V1」

 3Dビューワーは、撮影した画像の裸眼立体視が可能なデジタルフォトフレーム。「パララックスバリア」を採用し、垂直方向の連続したスリットが入ったバリアを8インチ液晶パネル上に配置することで、左右の目に別々の画像が分離して届く仕組みだ。

 3Dプリントは、プリントとレンチキュラーシートを一体化したもの。レンチキュラーシートを通して両目に別々の画像が届くことで立体視できる。2LとKGの2サイズを用意し、同社のネットプリントサイトか写真店で注文可能としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -