ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年07月23日 10時09分 UPDATE

ワイヤレスジャパン2009:携帯からPCに赤外線でデータ伝送 KDDI、USB 2.0のワイヤレス化技術をデモ

USB 2.0を赤外線通信でワイヤレス化する技術のデモを、KDDIが行っていた。「遠くない未来に商用化できる」という。

[小笠原由依,ITmedia]

 7月22日に開幕した「ワイヤレスジャパン」(東京ビッグサイト、24日まで)でKDDIは、USB 2.0を赤外線技術でワイヤレス化するデモを行っている。

 デモでは、携帯電話からPCに、楽曲ファイルを転送していた。PCにUSB接続されたクレードルの上に、小さなクレードル付き携帯電話を置くと、赤外線通信でファイルが転送される。

 クレードルにはそれぞれ、USB信号を赤外線信号に変換する基板と赤外線モジュールが入っている。基板には、1Gbpsの赤外線通信モジュールを組み込んだ。

photo ホスト側の変換装置(左)と携帯電話に取り付けられたデバイス側変換装置
photo デバイス側変換装置の電源を入れて、クレードルに置けば、赤外線通信ができる

 今後、通信機能をチップ化し、携帯機器に内蔵していきたいという。PCにデータを転送する用途だけでなく、赤外線通信非対応のプリンタに赤外線経由で写真を送って印刷したり、テレビに動画データを送るといった活用も検討。コンテンツの自動販売機から、赤外線経由で動画を購入できるようなサービスも視野に入れる。

 商用化の時期は未定だが、「遠くない未来に商用化できるだろう」としている。

関連キーワード

赤外線 | KDDI | 赤外線通信


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.