ニュース
» 2009年07月24日 11時58分 UPDATE

パスワード管理、どうしてる? 入力時の「****」は「必要」が7割

会員制サイトなどのパスワードは、「記憶に頼る」が4割。パスワードを忘れたことがある人も9割に上った。

[ITmedia]

 会員制サイトなどのパスワードを、ネットユーザーはどう管理しているのだろうか。アイシェアが同社サービスのユーザーに尋ねたところ、「記憶に頼り、紙やファイルなどに残さない」人が42.0%で最多。パスワードを忘れたことがある人も9割に上った。

 2位以下は、「紙に書いて残す」(18.3%)、「テキストファイルで残す(ファイルのパスワード設定や暗号化はしない)」(16.2%)、「パスワード管理用ソフトで管理」(13.7%)、「テキストファイルで残し、ファイルのパスワード設定や暗号化をする」(5.9%)という順。

 入力の方法は、「フォームに直接入力する」が82.7%、「フォーム以外で打ったものをコピーして貼り付ける」が14.8%だった。パスワードを忘れたことがある人は89.3%と約9割に上った。

 パスワードを入力する際、「****」で文字を隠す必要はないのでは――米国の研究社の間で賛否両論起きたこの議論についても聞いた。

 「パスワードが見えないほうがいい」という意見が44.1%で最多。「どちらかというと見えないほうがいい」(23.8%)と合わせると肯定派は67.9%だった。「どちらかというと見えたほうがいい」(19.5%)、「見えたほうがいい」(12.6%)という否定派は合わせて32.1%だった。

 調査は7月3日〜8日に、同社サービスの会員に調査し、590人から回答があった。男性55.8%、女性44.2%、20代36.3%、30代30.2%、40代33.6%。

関連キーワード

パスワード | 暗号化 | 研究者 | アイシェア


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -