ニュース
» 2009年09月02日 09時08分 UPDATE

「Wiiインターネットチャンネル」無償化 任天堂、Wiiのネット接続拡大に注力

任天堂は、Wii用Webブラウザ「Wiiインターネットチャンネル」を無償化するなど、ネット接続されたWiiを増やすための施策を発表した。

[ITmedia]

 任天堂は9月1日、家庭用ゲーム機「Wii」でWebサイトを閲覧できるOperaベースのWebブラウザ「Wiiインターネットチャンネル」を無償化するなど、ネット接続されたWiiを増やすための施策を発表した。

 Wiiインターネットチャンネルは、2006年12月のリリース当初は無料、07年7月からは500Wiiポイント(500円)で販売していたが、09年9月1日から無料に戻した。有料で購入したユーザーには、500Wiiポイント分のバーチャルコンソールのファミコンソフトを1本プレゼントする。

 同社は、「インターネットチャンネルの利用が、Wiiをネット接続していただくきっかけになるのでは」と期待している。

 10月21日からは、友人などのWiiのネット接続を10台分手助けしたユーザーに、バーチャルコンソールのファミコン用任天堂ソフトをダウンロードし放題にする「手助けマイスター10」と、20台を手助けしたユーザーにファミコン、スーパーファミコン、ニンテンドウ64用ソフトすべてをダウンロードし放題にする「手助けマイスター20」も始める。

関連キーワード

Wii | 任天堂


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -