ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年10月01日 16時20分 UPDATE

単眼レンズで3D撮影、240fpsでなめらかに ソニーが開発

左右2本のレンズを使わずに、入射光を分離することで1本のレンズで3D映像を撮影できるカメラをソニーが開発。240fpsのハイフレームレートでなめらかな映像をとらえられるという。

[ITmedia]
画像

 ソニーは10月1日、1本のレンズで3D撮影が可能な単眼レンズ3Dカメラ技術を開発したと発表した。240フレーム/秒で撮影できるハイフレームレート技術と組み合わせ、スポーツなど動きの激しい被写体でも自然でなめらかな3D映像を撮影できるとしている。試作機を「CEATEC JAPAN 2009」(6日から、千葉県・幕張メッセ)に参考出展する。

 右眼用と左眼用の画像を同時に撮影できる単眼レンズの3D光学系システムとを新開発。既存の高フレームレート撮影技術を組み合わせた。

 シャッターの代わりにミラーを使用し、単眼レンズからの入射光を左右の画像に分離し、左右それぞれのCMOSセンサーで記録する。左右の映像にタイムラグがなく、動きの激しいシーンでも自然でなめらかな3D映像を撮影できるという。

画像

 右眼用・左眼用の2つのレンズを持つ従来のハーフミラーシステムでは、ズーム・フォーカス操作で2つのレンズを連動させる必要があり、光軸やフォーカスのずれなどを生じさせないよう、複雑な技術が必要だった。

 単眼ならレンズ連動が不要で、簡単に正確な3Dズーム・フォーカス調整ができるという。視差(左右眼用の画像のずれ)も、ぼやけと認識する範囲内に抑えられており、撮影した映像を偏光眼鏡なしで見た場合、普通の2D映像として鑑賞できるという。

 試作機のサイズは、240(幅)×200(高さ)×480(奥行き)ミリ、重さは18キロ。同社は3D関連の技術開発を進めており、家庭でも3D映像を楽しめるハード・コンテンツを、来年から提供する計画だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.