ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年11月06日 07時00分 UPDATE

eneloopが1億個出荷 記念の限定8色セットと「eneloopy」チェッカー

三洋「eneloop」の累計出荷が1億個を突破したのを記念し、クレヨンをイメージした8色カラーパックを限定販売。マスコットキャラ「eneloopy」のバッテリーチェッカーも商品化。

[ITmedia]

 三洋電機は、ニッケル水素充電池「eneloop」の累計出荷が1億個を達成したのを記念し、単三形eneloopの限定8色カラーパックや、犬のキャラクター型の簡易バッテリーチェッカー「eneloopy」が付くセットを発売する。

photo 8色カラーのeneloop

 eneloopは2005年11月に単三形を発売し、今年10月末で世界累計出荷が1億個を突破した。11月14日には、繰り返し利用可能な充電回数を約1500回に伸ばした新製品を発売する予定で、記念商品も新型eneloopを採用している。

 8色カラーパック「eneloop tones」は10万パック限定で12月1日発売。紙巻きクレヨンをモチーフにした8色をセットにし、色による使い分けなどにも便利だとしている。パッケージは電池ケースとしても利用でき、スライドカバー開閉式の新形状を採用した。オープン価格で、実売予想価格は2500円前後。

photo eneloopyチェッカーは付属のえさ箱をスペーサーとして使えば単四形にも対応

 eneloopのマスコットキャラクターを簡易バッテリーチェッカーにしたeneloopy付きセットは、新型eneloopと同じ11月14日に発売。キャンペーンの景品で好評だったため商品化する。単三形eneloopを胴体部分にセットしてチェックすると、鼻の部分のLEDの発光色で残量の目安が分かる。緑なら使用でき、オレンジなら少し使うことができ、赤なら要充電──といった具合だ。

 バッテリーチェッカーと単三形2本のセットが実売予想価格2000円前後、これに急速充電器が付くセットが3000円前後。

 パナソニックによる三洋電機の子会社化に絡み、eneloopの生産拠点を富士通子会社のFDKに売却するが、eneloopの企画・販売は三洋が継続。「これまで通り拡販に向けて取り組んでいく」としている。

関連キーワード

eneloop | 三洋電機 | 充電器 | ニッケル水素


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.