ニュース
» 2009年11月16日 17時48分 UPDATE

世界最速スーパーコンピュータ、CrayがIBM抜く 中国が5位に

王者IBMを追い落としてCrayがトップを獲得し、中国のスーパーコンピュータがトップ10圏外から5位に躍り出た。日本の地球シミュレータは31位だった。

[ITmedia]

 世界最速スーパーコンピュータのTop500ランキングの最新版が発表された。これまで首位を走ってきたIBMをCrayが追い越し、5位には中国のシステムがランクインした。

 第34回目となる今回のランキングでは、Crayの「Jaguar」がベンチマークスコア1.76PFLOPSで首位を獲得した。同システムは米オークリッジ国立研究所で稼働している。2009年6月の前回ランキングでは2位だった。前回首位のIBMの「Roadrunner」は2位に転落。スコアは1.04PFLOPSで、米ロスアラモス国立研究所で利用されている。

 3位は前回6位だったCray製「Kraken」(スコア832TFLOPS)、4位はドイツで稼働しているIBM製「JUGENE BlueGene/P」(スコア 825.5TFLOPS)で前回の3位から転落。

 5位は中国のシステム「Tianhe(天河)-1」(スコア563TFLOPS)で、トップ10圏外から大幅に順位を上げた。同システムは天津の国立スーパーコンピュータセンターで石油の探査や航空機設計シミュレーションに利用されている。IntelのXeonプロセッサとAMDのGPUのハイブリッド設計という。

順位 開発元 システム名 ベンチマークスコア(TFLOPS) 納入先
1 Cray Jaguar - Cray XT5-HE 1759 米国 オークリッジ国立研究所
2 IBM Roadrunner 1042 米国 ロスアラモス国立研究所
3 Cray Kraken XT5 - Cray XT5-HE 831.7 米国 テネシー大学国立計算機科学研究所
4 IBM JUGENE - Blue Gene/P 825.5 ドイツ Forschungszentrum Juelich
5 NUDT Tianhe-1 563.1 中国 天津国立スーパーコンピュータセンター
6 SGI Pleiades - SGI Altix ICE 544.3 米国 NASAエイムズ研究所
7 IBM BlueGene/L 478.2 米国 ローレンス・リバモア国立研究所
8 IBM BlueGene/P 458.6 米国 アルゴンヌ国立研究所
9 Sun Microsystems Ranger - SunBlade x6420 433.2 米国 テキサス大学先端計算センター
10 Sun Microsystems Red Sky - Sun Blade x6275 423.9 米国 サンディア国立研究所

 日本勢はNECの地球シミュレータが最高で31位(ベンチマークスコア122TFLOPS)。このほか36位にJAXA(宇宙航空研究開発機構)の富士通製システムFujitsu FX1、43位に東京大学の日立製T2K、47位に理化学研究所の富士通製RIKEN Integrated Cluster of Clustersがランクインしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -