ニュース
» 2010年01月14日 07時00分 UPDATE

地下鉄で聴けるラジオ、サポートはTwitter――TOKYO FM、iPhoneアプリの意外な反響 (1/2)

iPhoneでFMラジオが聴ける――TOKYO FMのiPhoneアプリにさまざまな反響が集まっている。「アナログラジオより音質がいい」など「意外な」意見も。サポート窓口はTwitterだ。

[岡田有花,ITmedia]

 「音がクリア」「地下鉄でも聴けた」――エフエム東京(TOKYO FM)の公式Twitter「@tokyofm」に、iPhoneラジオアプリユーザーからの声が続々と届いている。

画像

 ラジオの本放送をそのまま配信するという国内初の画期的なアプリで、実証実験として昨年12月21日から1年間、無料配信をスタート。Twitterなどネットを活用し、ユーザーからの感想を吸い上げている。

 ノイズのないクリアな音質に驚く声も多いが、企画・開発に関わったエフエム東京の3人はこう口をそろえる。「音質は、アナログラジオのほうが断然いいはず」。意外な反響に驚いているという。

 デモシステムは2008年末に完成していたが、出演者や楽曲権利者の配信許諾獲得などにまる1年かかった。iPhoneという新たな媒体でTOKYO FMを聴いてもらい、ラジオを楽しむきっかけにしてほしいと願う。

地下鉄でもOK 再生履歴チェックやiTunes Storeでの楽曲購入も

 アプリはフライトシステムコンサルティングが開発。3G回線か無線LAN経由で音声データを受け取って再生する。

 通信環境が良好なタイミングでまとめてダウンロードしてキャッシュをため、順次再生していく仕組み。実際の放送より5分ほど遅れるが、地下鉄車内など電波状態が悪い場所でも比較的安定して聴け、ビル陰などFM電波が入りにくい場所でもクリアな音質で再生できる。

画像 放送で再生した曲を一覧表示。ハートマークをタップすれば、お気に入りの楽曲をチェックできる

 放送中の番組名や曲名を保存する機能、お気に入り楽曲をメモしておける機能、聴いた楽曲の履歴を自動で保存する機能を備えた。「さっき聴いたあの曲が気に入った」。そんな場合は楽曲をiTunes Storeで検索・購入できる(無線LAN環境下のみ)。ニュースや天気予報などを配信する「見えるラジオ」のテキストも読める。

 利用は首都圏を中心とした放送エリア内限定。端末がエリア内にあるかはGPSと無線LAN基地局の位置情報で判定している。番組が地域限定配信を前提に作られていることや、契約上の問題などからエリアを限定した。「そもそもFMは地域限定メディアで、ローカライズされたコンテンツを地域の人に届けてきた」ため自然な制限だと、同社総務局総務部の小田紀和さんは話す。

1年がかりで調整 出演者1人1人から許諾

 アナログテレビ放送が終了する2011年以降、空いた帯域で行う携帯端末向け放送「マルチメディア放送」に向けた取り組みの一貫として2008年夏ごろ、iPhoneアプリ制作の検討を始めた。

 これまでは携帯電話のラジオアプリ向けに情報配信してきたが、「携帯は画面が小さく表現力が低い上、キャリアの制限もあってアプリを自由に作れない」(同社マルチメディア放送事業本部の小田慎也開発部長)と感じていたという。iPhoneなら、表現力と自由度の高いアプリを開発できる。

 同社は08年4月にデジタルラジオの配信を休止しており、そのままネット配信できるラジオコンテンツがなかっため、アナログ放送をiPhone用に権利処理し、サイマル配信することにした。

 アプリ開発は、デジタル放送関連の事業を通じてつながりのあったフライトシステムコンサルティングに依頼。08年末にはデモシステムができあがったが、社内外の調整に手間取り、09年12月21日のリリースまで約1年かかった。

 全番組の出演者やプロデューサーから配信許諾を得るため、番組表を広げ、許諾をもらった人の名前を1つ1つチェックしていったという。「前例のないサービスで説明が難しかったが、ほとんどの人がすごく喜んでくれた」(同社編成制作局 ライツ開発部の藤井大輔さん)。楽曲配信については、日本音楽著作権協会(JASRAC)と日本レコード協会から許諾をもらった。

 さまざまな調整の結果、9割以上の番組の配信が可能になったが、ジャニーズ事務所のタレントが出演する番組や、ネット配信条件が厳しい一部の洋楽曲を流す番組など未配信のものも残っている。CMも、「広告主が著作権処理を行っている上、送信機を切り替えるための設備投資が必要になる」(藤井さん)などの理由から配信していないが、広告主からの要望があれば配信を検討したいという。

 配信できない番組の放送時間中やCM中には、小山田圭吾さんが作曲したTOKYO FMのジングルのロングバージョンと、TOKYO FMのテーマソングを手がけるINO hidefumiさんによるBGMを配信。単なる穴埋めではなく、TOKYO FMならではの楽曲を流せるよう工夫した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -