ITmedia NEWS >
トップ10
» 2010年01月18日 19時47分 UPDATE

見られてるからいいんです……?

先週のランキングには、アニメ「けいおん!」のキャラクターがデザインされた“痛傘”の記事が入った。人から見られることこそが痛グッズの醍醐味(だいごみ)なのだろうか。

[小笠原由依,ITmedia]

 先週のランキング8位には、アニメ「けいおん!」のキャラクターをあしらった“痛傘”の記事が入った。平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬、中野梓を1人ずつ大きくデザインした傘だ。イラストは表面にでかでかとプリントされており、屋外でさせば注目されること間違いない。

 この傘について、「傘の表面ではなく裏面にイラストをプリントしたほうがユーザーは幸せになれるのでは」と編集部で盛り上がった。あいにくの雨でも、ふと見上げればお気に入りのキャラが見られる。人に見せるのではなく、自分だけのものにして楽しむのだ。

 その思いをITmedia NewsのTwitterアカウントでつぶやいてみたところ、あるユーザーがこんなコメントをしていた。「外側にあずにゃんがいるから『痛傘』だとおもうのです」

 「両面がいい」「確かに内側の方がいいかも」「内側がいい」などほかの意見もあったが、外側にこだわるこのユーザーさんのひと言がなぜかふに落ちた。痛グッズは人から見えなきゃ痛くないし、人が見るからいいものなのかも。思えば記者も大好きなMr.Childrenグッズは、携帯電話に付けるなど常に自分からよく見えて、人にも見せつけて自慢できるような位置に携帯している。

 同じような気持ちなのだろうか。いや、勝手に理解した気になっているだけかもしれない。なんで痛グッズを身につけるの? みなさんの思いを聞いてみたい。

関連キーワード

| 痛グッズ | アニメ | けいおん!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.