ニュース
» 2010年02月24日 15時38分 UPDATE

ソニー、SCEのネットワーク事業を吸収合併 新SCEが誕生

ソニーがSCEのネットワークサービスを吸収。形式上、93年設立の現SCEは吸収合併で解散、ゲーム事業を担当する新SCEが誕生する。

[ITmedia]

 ソニーは2月24日、100%子会社のソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のネットワークサービス事業を吸収する4月1日付け組織再編を発表した。現SCEはソニーが吸収合併し、ゲーム事業を分割した新SCEが発足する。

 ソニー本体とSCEのネットワークサービス事業を集約、効率化と強化を図るのが狙い。

 現SCEは「SNEプラットフォーム」に変更した上で、ゲーム機とソフトの企画・開発・製造・販売事業を新設分割方式で新会社「ソニー・コンピュータエンタテインメント」に承継。SNEPにはネットワーク事業のプラットフォームやサービスの企画・開発・運用事業を残し、ソニーが吸収合併する。形式上、1993年設立の現SCEは解散する。

 現SCEの2009年3月期売上高は9850億円で、うちソニーに承継する部分の売上高は15億円。同期末の純資産は104億円のマイナス(債務超過)になっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -