ニュース
» 2010年04月06日 00時28分 UPDATE

フォトリポート:山崎さん搭乗のディスカバリー、打ち上げ成功

山崎直子さんが搭乗した「ディスカバリー」は予定通り打ち上げられた。その様子を現地からの写真で紹介する。

[Gerald Matulka, 森岡澄夫,ITmedia]

 日本人宇宙飛行士の山崎直子さんが搭乗したスペースシャトル「ディスカバリー」は、予定通り日本時間午後7時21分(現地時間午前6時21分)、米国フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた。

 打ち上げの少し前、ケネディ宇宙センターでは、ディスカバリーの目的地である国際宇宙ステーション(ISS)が上空を通過していくのが見えた。

 打ち上げ時刻はまだ夜明け前の闇だったが、固体燃料ロケットブースターが点火されると辺り一面はまるで昼のような明るさに。報道席は5.5キロ離れているが、ブースターの轟音(ごうおん)は耳が聞こえなくなるほどのすごさで、巨大な物体を加速する生のエネルギーが伝わってきた。宇宙を初めて体験する山崎直子さんは、ディスカバリーの中でそれをどう感じていただろうか。


画像
画像
画像

画像
画像
画像

画像
画像
画像

画像
画像
画像

画像
画像

 スペースシャトルの打ち上げは、初飛行から30年経とうとしている今でも、依然として多くの人々を魅了し続けており、そのすごさは実際に見るとはっきり分かる。このような計画があと4回で終了してしまうとは信じられないが、新しい時代が来ることを願いたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -