ニュース
» 2010年04月13日 06時57分 UPDATE

Microsoft、独自携帯電話「KIN」発表 SNS機能を充実

Microsoftの「KIN」はシャープ製で、タッチスクリーンとスライド式キーボードを搭載。SNSのヘビーユーザーをターゲットにしている。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月12日、同社独自のWindows携帯「KIN」を発表した。コードネームで「Project Pink」と呼ばれていたSNSのヘビーユーザー向けのデバイスだ。

ah_kin.jpg

 「KIN ONE」「KIN TWO」の2機種を投入。いずれもタッチスクリーンとスライド式キーボードを搭載する。OSは、米メディアによると、Windows Phone 7をSNSユーザー向けにカスタマイズした特別なバージョンという。ONEは片手で操作できるポケットサイズで、500万画素カメラを備える。TWOはONEよりも大きく、高精細(HD)動画を撮影可能な800万画素カメラを搭載する。端末製造はシャープが担当し、米国では5月にVerizon Wirelesから、ドイツ、イタリア、スペイン、英国では秋にVodadoneから発売する。

ah_one1.jpgah_one2.jpg KIN ONE

 KINにはSNSが組み込まれており、ホーム画面「KIN Loop」ではMicrosoftのサービスやFacebook、Twitterなどの提携サービスの最新フィードを一覧できる。ユーザーはお気に入りの友人を選択でき、KINは選択した友人のアップデートを優先的に表示する。

ah_two1.jpgah_two2.jpg KIN TWO

 「KIN Spot」機能では、「Spot」と呼ばれる場所に動画、写真、Webページ、テキストメッセージをドラッグすることで、コンテンツをほかのユーザーと共有できる。「KIN Studio」は、テキストや通話履歴、写真、動画、アドレス帳を自動的にオンラインにバックアップする機能。

ah_one3.jpgah_two3.jpg

 またZune機能も搭載し、会員制サービス「Zune Pass」やオンラインストア「Zune Marketplace」と連係する。このほかBing検索、RSSフィードリーダーなどが組み込まれている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -