ニュース
» 2010年05月10日 07時00分 UPDATE

「Androidはオープン、iPhoneよりサポートしやすい」とモバイルアプリ企業 (1/2)

企業向けのモバイル管理ソフトを手掛けるTangoeは、AndroidはiPhoneよりもサポートしやすいと考えている。だがアナリストは、それでもやはりiPhoneはスタンダードとみる。

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 世界中の400社を超える企業にモバイル通信関連費用の管理ソフトを提供している米Tangoeは、4月27日に自社のモバイル機器管理ソフトをGoogleのAndroidを搭載したスマートフォンに対応させたと発表した。

 同社の端末用クライアントソフト「MDM Version 5.0」は、Android 2.0以降を搭載したデバイスで使えるようになった。Motorola DROID、GoogleのNexus One、Verizon Wirelesが29日に発売したHTCのDROID IncredibleなどのハイエンドAndroidスマートフォンで利用できる。

 Android用のMDMクライアントは「端末とインストールされたソフトに関する情報を収集し」、SMS(ショートメッセージサービス)とデータの利用状況を「MDM V5.0サーバに送信し、サーバはこれらデータをリアルタイムで監視し、特定のユーザーに設定されたプランに基づいて管理する」。IT管理者が、社員のスマートフォン利用に伴う費用をより効率的に扱えるように支援するというのが、この製品の主眼だ。

 しかし、これは大きな話の中の小さなテーマにすぎない。TangoeはResearch In Motion(RIM)のBlackBerry、Windows Mobileデバイスのサポートに続いて、AppleのiPhoneよりも先に、Androidに対応した。

 ほとんどの企業はiPhoneをサポートしている。同製品は5000万台以上売れており、リモートからのデータ消去、複雑なパスワード保護などのセキュリティ機能や、企業が必要とする管理機能を備えている。実際、TangoeのライバルであるBoxToneなどは2009年10月にiPhoneをサポートし、その1カ月後にAndroidに対応した。

 Tangoeのモバイル機器管理担当上級副社長ジュリー・パレン氏は、Androidはオープンなアーキテクチャなので、iPhoneよりもサポートしやすいと4月26日にRIMのWireless Enterprise SymposiumでeWEEKに語った。

 「iPhoneはアーキテクチャがクローズドなので企業が管理しにくいし、やりたいことはできるのだが、好きなように管理するのは難しい。だからAndroidをサポートするプロセスの方がずっと早い」とパレン氏は言う。「iPhoneには制限があるため、クライアントを作ることはできるが、端末の効率的な管理に必要な情報を送信できない」

 同氏はまた、TangoeがBlackBerry、Android、Windows Mobileプラットフォームで提供しているのと同じレベルの細かな管理機能をiPhoneでは実現できないと嘆いている。

 それでも同社は6月にiPhone向けのMDMクライアントをリリースする計画だ。App Storeの審査が遅れることがなければ、だが。

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -