ニュース
» 2010年05月12日 07時00分 UPDATE

エプソン、9万円台のA3カラーレーザープリンタ 3万円台のA4モデルも

エプソンが実売9万円台後半のA3カラーレーザープリンタ「LP-S7100」を発売。本体価格とランニングコスト、トナー単価も抑え、コストに敏感な企業ユーザーに訴求していく。

[ITmedia]

 セイコーエプソンは5月11日、実売予想価格が9万円台後半のA3カラーレーザープリンタ「オフィリオプリンター LP-S7100」(オープン価格)を5月20日に発売すると発表した。実売予想価格が3万円台後半のA4モデル「LP-S510」(同)も5月21日に発売する。本体を小型化した上、本体価格、カラー印刷コスト、トナー価格を抑え、印刷コストを削減したい企業ユーザーに訴求していく。

photophoto LP-S7100(左)とLP-S510

 LP-S7100はボリュームゾーンを狙った注力機種。印刷速度はカラー/モノクロとも30枚/分を確保。ランニングコストはA4カラー出力1枚当たり11.9円に抑えた。トナーは標準サイズに加え、7700円(シアン、マゼンタ、イエロー)と購入しやすい小容量トナーも用意し、ニーズに応じて選べるようにした。

 新開発のタンデムエンジンやコンパクトなトナーの採用で小型化し、フットプリントはクラス最小レベルだとしている。本体サイズは499.5(幅)×538(奥行き)×422(高さ)ミリ、重さ約44.0キロ。

 LP-S510は普及価格帯のA4カラーレーザープリンタ。デスクサイドへの設置を想定してA4カラーレーザーとしては国内最小クラスに小型化し、接地面は40.4(幅)×38(奥行き)センチに抑えている。印刷速度はカラー5枚/分、モノクロ19枚/分。LP-S7100と同様、購入しやすい小容量トナーを販売する。

photophoto カラーレーザーのラインアップ。ビジネス製品のプロモーションに鈴木京香さんを起用

 プリント環境の最適化・効率化によってコストを削減する「Managed Print Services」(MPS)が注目されているが、エプソン販売の中野修義 販売推進本部長は「MPSだけではなく、プリンタ本体でのコスト削減も有効な方法だ」と指摘。新製品では本体価格、ランニングコスト、トナー単価を下げることで、コストは削りたいがカラー印刷も使いたいという企業ユーザーに訴求していく。LP-S7100は年間3万台、LP-S510は年間1万台の販売が目標だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -