ニュース
» 2010年06月16日 19時10分 UPDATE

ねとらぼ:「ゆっくり寝てね……」 イカロス君、分離カメラ「DCAM2君」とお別れ

「イカロス兄さん、しゃしん、おくってるよー」――宇宙ヨット実証機IKAROSと、分離カメラDCAM2のTwitterでの“やりとり”をアニメ化したものが、JAXAのサイトで見られる。

[ITmedia]
photo IKAROS専門チャンネルより

 「イカロス兄さん、しゃしん、おくってるよー」――宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙ヨット実証機「IKAROS」(イカロス)と、IKAROSの分離カメラ「DCAM2」のTwitterでの“やりとり”をアニメ映像化したものが、JAXAのIKAROS専門チャンネルで公開されている。

 IKAROSはソーラーセイルを張って太陽光(光子)を受けて進む“宇宙ヨット”。DCAM2は5.5(直径)×5(高さ)センチで、IKAROS本体からばねで放出され、写真を無線でIKAROS本体に送信するが、動作時間は15分ほど。本体に戻ることはできず、世界最小の人工惑星として太陽の周りを飛び続ける。


画像画像画像

画像画像画像

画像

 IKAROSは「イカロス君」、DCAM2は「DCAM2君」というTwitterアカウントでそれぞれつぶやいているという設定で、撮影中“2人”は「イカロス兄さん、しゃしん、おくってるよー」「がんばってパシャパシャ写真取り込んでるよ!」などと“会話”。DCAM2がIKAROSから離れていくと「近くに僕もあかつきくんも一緒に飛んでるから安心して寝てね..」「うん、じゃあぼくもうねるね… おやすみ〜」と別れのあいさつをしていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -