コラム
» 2010年07月13日 11時40分 UPDATE

「Firefox 4」がGoogle Chromeに勝てない理由 (1/2)

「Firefox 4」の最初のβ版を使ってみたところ、パフォーマンスでもデザインでも、Google Chromeの方が一枚上手という印象を持った。

[Don Reisinger,eWEEK]
eWEEK

 「Firefox 4」β1をリリースした米Mozillaは、米GoogleのChrome、ノルウェーのOpera SoftwareのOpera、米MicrosoftのInternet Explorer(IE)に新たな戦いを挑む準備を進めている。同社は有利な立場にあるという自信を持っているようだ。世界で2番目に人気の高いブラウザであるFirefoxの普及がさらに拡大し、最終的にはブラウザ分野でIEから王座を奪い取る――これがMozillaの目標だ。

 だが、この目標を達成するのは以前にも増して困難であるようだ。Google Chromeは、競合ブラウザよりもWebページを読み込むのが圧倒的に速いために、急速に市場シェアを拡大している。Microsoftは欧州のWindowsユーザーにブラウザの選択肢を与えることを余儀なくされたものの、IEは6月にシェアを若干伸ばした。要するに、この市場では競争がヒートアップしているのだ。

 しかしブラウザ市場におけるMozillaの最大のライバルはChromeかもしれない。Chromeは急速に勢力を拡大しつつあり、現在市場に出回っているブラウザの中で最も優れたエクスペリエンスを提供しているといっても過言ではない。Firefox 4はまだβ版であり、最終版のリリースはかなり先になる可能性があるが、1つだけはっきりしていることがある――Chromeは今後も、最も優れたデザインとパフォーマンスでブラウザの王座に君臨するということだ。Google Chromeが依然としてFirefox 4よりも優れている理由を以下に示そう。

1. Firefoxは起動が遅い

 従来のFirefoxでは、ほかのブラウザと比べて起動が遅いのが大きな問題だった。Mozillaはそのことに気付いたらしく、少なくともWindows 7上ではFirefox 4がずっと速く起動するように改善した。だがそれでもChromeと比べると遅い。これは必ずしも致命的な欠陥というほどではないが(その差はわずか1〜2秒程度だ)、きびきびした動作を重視するユーザーにとっては、FirefoxよりもChromeを選ぶ理由になるだろう。

2. ページの表示が遅い

 ブラウザがページを読み込む能力は、ユーザーがWebサーフィンをするのにどのソフトウェアを標準のブラウザとして選ぶかを左右するポイントだ。Firefox 4とChromeを比較すると、ページの読み込みに関しては後者の方がはるかに優れているのがすぐに分かる。巨大で複雑なページであれば、ChromeがFirefoxよりも読み込むのが2倍近く速いというケースもある。Mozillaの最新ブラウザのβ版は従来バージョンよりも大幅に高速化されているのは確かだが、Firefoxがページの読み込み速度をさらに改善しない限り、多くのユーザーがGoogleのブラウザを選ぶ可能性が高そうだ。

3. 多機能アドレスバーを備えず

 Chromeの大きな魅力の1つは、アドレスバーを検索とURLの入力の両方の用途に利用できることだ。Firefox 4も同様の機能を備えている。アドレスバーにURLを入力すれば目的のサイトに移動し、検索語を入力すればGoogleの検索結果にリストされた最初のサイトに移動する。この機能はそれなりに便利だが、アドレスバーの横に検索バーが並んでいるというのではなく、アドレスバーが真の検索フィールドとしての機能を兼ねている方が便利だ。煩わしいというほどではないにせよ、Mozillaの最新ブラウザよりもChromeの方がやや優れているもう1つのポイントだといえる。

4. デザインはいいが、物まね

 Firefoxの従来版と最新β版を見比べると、Firefox 4ではデザインが大幅に洗練されていることが分かる。古くからのFirefoxファンにとってはうれしい限りだろう。しかしよく見てみると、新デザインはWindows 7上のChromeに著しく似ていることが分かる。MozillaはChromeと同じようにメニューを統合しただけでなく、Chromeと同様のスキンを採用した。Chromeのデザインは非常に洗練されているので、これは必ずしも悪いことではないが、Googleのブラウザに挑戦するような、もう少し斬新なデザインをMozillaが打ち出せなかったのは残念に思える。

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -