ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年10月13日 14時23分 UPDATE

「よかった!」「泣いた」 チリ落盤 作業員救出の瞬間、ネットも見守る

チリの落盤事故で地下に閉じ込められた作業員を引き上げる作業が続いている。アルゼンチンのケーブルテレビ局C5Nは現地からUstreamで配信。1人目救出の瞬間を約3万人が視聴した。

[ITmedia]
画像 無事救出であつい抱擁

 チリ北部にある鉱山の落盤事故で、地下に閉じ込められた作業員33人を引き上げる作業が10月13日(日本時間)始まり、同日午後0時ごろに1人目が救出された。救出の様子は世界中のメディアが報じており、アルゼンチンのケーブルテレビ局C5NはUstreamで現場の映像をネット配信。約3万人が救出の瞬間を目撃した。配信と連携したTwitterタイムラインには、スペイン語に混じって「よかった!」「泣いた」など日本語のコメントも目立った。

 「フェニックス」という名の救出用カプセルを縦穴から地下に降下させ、作業員を乗せて地上まで約15分ほどかけて引き上げ救出。午前11時半ごろにカプセルが地下に到達し、午後0時すぎに1人目が、午後1時ごろに2人目が救出された。その後も残りの作業員の救出作業が続いている。


画像 1人目に救出された作業員。ヘルメットをかぶり、サングラスをかけている
画像 BBCのサイト

 救出の様子は日本のテレビ局もライブで伝えたほか、BBCABCが自社サイトで、C5NはUstreamで現地から一部始終をライブ配信するなど、ネットの活用も目立っている。

画像 日経新聞トップページに大きな字で「チリ落盤事故、1人を救出」

 1人目が救出された瞬間、C5NのUstは3万人以上が視聴していた。救出された作業員が地上でカプセルから出、家族と抱擁したり、現場で拍手が起こっている様子が配信されると、スペイン語のつぶやきに混じって、「よかった!」「すごい」「泣いた」と成功を喜ぶコメントがTwitterに次々に投稿されていた。

 日本の新聞各社もサイトで一斉に報じており、日本経済新聞電子版はトップページに大きな文字で「チリ落盤事故、1人を救出」と伝えた。

関連キーワード

Ustream | ライブ中継


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.