ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ライブ中継」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ドワンゴのアプリ「nicocas」が7月末にニコニコ生放送専用アプリへ 名称も「ニコニコ生放送」に変更
これから動画は「niconico」アプリで、生放送は「ニコニコ生放送」アプリで。(2019/7/19)

臨場感あふれる8K映像を配信:
ソシオネクスト、8Kストリーミングエンコーダー
ソシオネクストは、8K映像のライブストリーミングを可能にするエンコーダー装置「e8」を開発した。(2019/7/18)

Facebookの仮想通貨「Libra」についての公聴会証言原稿公開
Facebookの仮想通貨「Libra」に関する上院公聴会の証言原稿が公開されたので、ポイントを抜粋した。公聴会は日本時間の16日午後11時からライブ配信の予定だ。(2019/7/16)

YouTuberカジサック、チャンネル登録者数100万人突破で号泣 生配信で声を震わせ感謝伝える
おめでとうございます!(2019/7/12)

「はやぶさ2」きょう2回目のタッチダウンへ 9時半ごろからライブ配信
JAXAは、探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウン運用を、7月11日午前10時5分ごろから45分ごろまで行う予定だ。4月に作成した人工クレーターの近くに降り、小惑星の地下にあった物質を採取する計画。(2019/7/11)

キヤノンがYouTubeでライブ配信できるコンデジを発売 4Kや縦位置動画にも対応
2019年8月上旬発売。(2019/7/10)

「はやぶさ2」2回目のタッチダウン、11日午前にライブ配信へ
JAXAは、「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウン運用を予定通りスタートした。高度20キロのホームポジションから降下を始めたことを、10日午前11時1分に確認した。11日午前にタッチダウン運用を行い、その様子を動画でライブ配信する予定だ。(2019/7/10)

バーチャルYouTuberによる24時間生放送イベント「Vtuber24h TV」が実施決定
東名阪のZeppを会場としたリアル会場連動型イベント。(2019/7/3)

春風亭昇太が結婚 「笑点」の生放送で発表
ついに!(2019/6/30)

マーク・ハミルなどハリウッドスターによる「モラー報告書」朗読会、ライブストリーミング
2016年米大統領選へのロシアによる介入とトランプ陣営の関与を捜査したロバート・モラー特別検察官の報告書の抜粋をハリウッドスターが朗読する劇が、日本時間の6月25日午前10時からライブストリーミングされる。マーク・ハミルやジャスティン・ロングなどが出演し、448ページの報告書から重要な部分を朗読する。(2019/6/25)

「ロードス島戦記」シリーズ、12年ぶりの新作小説が8月1日に発売 ロードス島の100年後を描く新シリーズ
ニコニコ生放送ではアニメ一挙配信と特番も。(2019/6/22)

ネコミミがパキスタンの大臣に生えた!? 記者会見撮影時にフィルターを使うミス
なぜライブ配信時にFacebookアプリのフィルターをオンにしてしまったのか。(2019/6/18)

輝夜月 ×「日清焼そばU.F.O.」で宇宙へ! ギネス世界記録を目指す“世界最高高度からの生配信”が6月24日に実施
機体の完成度がある意味でヤバい。(2019/6/17)

ライブ配信サービス「SHOWROOM」の演者狙った悪質なスカウト行為 運営が注意喚起
「SHOWROOMがサービス終了するかもしれない」と事実無根のうわさを流すスカウトも。(2019/5/30)

Twitterでゲストと一緒にライブ配信できる機能 最大3人招待できる
(2019/5/30)

スマホ1台でアバターまとってカラオケできる機能、生配信アプリ「Mirrativ」に実装 楽曲はJOYSOUND提供
でVtuberのようなトークができるバーチャル配信機能「エモモ」の拡張コンテンツ。(2019/5/24)

渡辺浩弐さんが新作ショートショート「令和元年のゲーム・キッズ」公開中 SNSで毎日1本公開、執筆の様子はライブ配信も
5月1日の第1回以来、毎日休まずメイキング動画付きで投稿している……すごいっ!(2019/5/17)

サメみたいだけどサメじゃない!? ニコニコ生放送で謎の深海生物「ゾウギンザメ」の姿を48時間生中継
国内でゾウギンザメを飼育しているのはサンシャイン水族館だけ!(2019/5/16)

「純粋な男?」歩行者に胸触り質問 生放送でコメンテーター激怒「個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃない」
【追記】ローカル番組ながらSNSで話題に。(2019/5/11)

ドコモが5月16日に夏モデルを発表
NTTドコモが、2019年5月16日12時から、夏商戦向けの新サービスと新商品の発表会を開催する。同社のWebサイトで告知している。発表会の様子はYouTube、Twitter、Facebookでライブ中継する。(2019/5/8)

「ヒトリエ」、急逝のボーカル・wowakaの“追悼会”を6月1日に開催 ニコ生で生配信も
ファンからは感謝のメッセージ。(2019/4/27)

「退位礼正殿の儀」など4月30日と5月1日の式典を首相官邸YouTubeでライブ配信
首相官邸のYouTubeチャンネルにて配信予定です。(2019/4/27)

蒼井そら、出産当日を“20時間”アジア同時生中継! AbemaTV初の出産ドキュメンタリー番組に「証を残したい」
すごい決断だ。(2019/4/12)

フジの動画配信「FOD」好調 オリジナルドラマが大ヒット
フジテレビはインターネットで展開している動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で、プロ野球のライブ配信やオリジナル作品の投入など戦略をさらに強化する。スマートフォン向けアプリのダウンロード数が累計1000万件を突破するなど好調で、会員数の上積みを狙う。(2019/4/10)

AbemaTVが史上初“和田アキ子誕生会生中継”の暴挙 出川哲朗「これを生中継するのはまじでやばい」
一体何が行われているのか……。見たいけど怖い。(2019/4/1)

新元号「令和」発表、45万人がライブ配信を視聴 Twitterトレンド席巻
菅義偉官房長官が4月1日、記者会見で平成に代わる新しい元号を「令和」(れいわ)にすると発表。(2019/4/1)

Facebook、ライブ配信できるユーザーの制限を検討 銃撃事件を受けて
ニュージーランドで起きた銃撃テロ事件の容疑者が犯行の様子を配信していたことを受けて。(2019/3/31)

新元号の発表会見、政府がライブ配信 Twitter、インスタまでフル活用
4月1日午前11時半、菅義偉官房長官が記者会見を開き、新元号を発表する。会見の模様は、首相官邸のTwitter、Facebook、Instagramの公式アカウント、YouTubeチャンネルでライブ配信予定だ。(2019/3/29)

niconicoとAbemaTVが提携 AbemaTVの番組をニコ生配信など
ニコニコチャンネルに「AbemaTV チャンネル」も開設。(2019/3/27)

Apple、25日のイベント会場からのライブ配信を数時間前から開始 真っ暗な会場に時折人影が
Appleが25日のスペシャルイベントをライブ配信するWebサイトで、数十時間前からライブ配信が始まっている。真っ暗なSteve Jobs Theaterの映像だが、時折動きがある。(2019/3/25)

選手生活→性生活、ファン→パン イチロー引退中継、AbemaTVのAI字幕が誤認識を連発 運営「試験的なため精度まだ実現できていない」
イチロー選手の現役引退会見をAmebaTVがライブ配信したところ、リアルタイム字幕AI「AIポン」の誤訳が話題に【追記あり】(2019/3/22)

イチロー引退会見、「AI字幕」が「ひどい」と話題 「プロ→風呂」「ニューヨーク→入浴」「人望→ちんぼ」……
イチロー選手の現役引退会見。ネットテレビAbemaTVでライブ配信され、音声はリアルタイム字幕「AIポン」でリアルタイムに文字化されたが、間違いが多かった。「プロ」が「風呂」になったり、「ファン」が「パン」になるといった間違いだけでなく、「人望」は「ちんぼ」に……(2019/3/22)

「政治はなぜ技術を潰す?」 “いたずらURL摘発”で弁護士やエンジニア議論 勉強会をライブ配信
JavaScriptを使ったループプログラムのURLを掲示板に書き込んだ3人が摘発された事件をテーマにしたエンジニアと法律家のための勉強会が20日夜に開催。Facebookページでライブ配信も。(2019/3/20)

NZ乱射のFacebookライブ動画、「約200人がリアルタイムで視聴し、誰も報告しなかった」
Facebookが15日のニュージーランドでの乱射事件の犯人がライブ配信した動画について、リアルタイムでの視聴は200回未満で、配信中誰もこの動画を報告しなかったと説明した。(2019/3/20)

「平成ネット史」ラジオ版、21日放送へ 「侍魂」健さんやNiantic川島さんなど出演
「平成ネット史(仮)」のラジオ版「ラジオで平成ネット史(仮)」が3月21日、NHKラジオ第1で生放送される。リスナーとともにインターネットの思い出などを語り合う内容で、「侍魂」管理人の健さん、Nianticの川島優志さんなどをゲストに迎える。(2019/3/19)

NZ銃撃動画「150万本削除」でも拡散 掲示板「8chan」からアカウント広がり……
 【ニューヨーク=上塚真由】ニュージーランド南島クライストチャーチで15日に起きた銃乱射事件では、実行犯が撮影したとみられる銃撃動画がネット上で「生中継」され、瞬時に世界中に広まった。フェイスブック(FB)など大手IT各社は問題動画の削除を急いだが拡散は続いた。(2019/3/19)

Facebook、ニュージーランド乱射動画を150万本削除したと説明
ニュージーランドで50人が射殺された乱射事件の犯人がFacebookでライブ配信した動画のコピーが大量に拡散したことについて、Facebookはアップロード後24時間以内に150万本以上を削除したとツイートした。ニュージーランドの首相はFacebookとこの件について話し合うと記者会見で語った。(2019/3/18)

ジャニーズが“禁断の果実”ネットに手を出したワケ 元SMAPにも触発か
ジャニーズ事務所が、ついに“禁断の果実”に手を出した。これまでネットメディアに対しては距離を取っていたジャニーズだが、ジャニーズJr.の公式サイトでライブの生配信を行うばかりか、バーチャルアイドルまでスタートさせたのだ。これもプロデューサーの滝沢秀明氏による思惑があるのだろうか。(2019/3/13)

Googleの新ゲームサービスティーザー第2弾 3月19日にイベントライブ配信へ
Googleが3月19日に「ゲーミングの未来についてのビジョンを発表」する。ティーザー動画では、カタパルトから出撃するパイロットや古城をさまよう騎士などのファーストパーソン視点のシーンをチラ見できる。(2019/3/13)

ドコモの未来体験空間「PLAY 5G 〜明日をあそべ〜」を9月30日まで延長、一部展示内容をリニューアル
NTTドコモは、5Gを活用した未来のサービスやコンテンツを体感できる「PLAY 5G 〜明日をあそべ〜」の常設展示期間を9月30日まで延長。3月13日からは展示内容を順次入れ替えるほか、3月16日には4K360度ライブカメラを用いたVRのライブ中継で遠隔地にいるような体験ができるイベントも行う。(2019/3/12)

「It's show time」:
Apple、3月25日にスペシャルイベント ビデオとニュースの新サービス発表?
Appleが3月25日にスペシャルイベントを開催すると正式に発表した。うわさのコンテンツサービスとそれを楽しむための新iPadが発表されるのかもしれない。日本では26日午前2時からライブ配信の予定。(2019/3/12)

テレ東のVTuber、生放送・台本なしでニュースに切り込む WBS後にYouTube番組「相内ユウカにわからせたい」
テレビ東京は、バーチャルアナウンサー「相内ユウカ」が登場するYouTube生番組「相内ユウカにわからせたい」を3月4日始めた。WBS放送直後、相内ユウカが、気になるニュースについて、キャスターを質問攻め。台本なしの生放送だ。(2019/3/5)

「eスポーツ」が野球解説者を救う? 地上波生中継先細りで「パワプロ」巧者が重宝される時代!?
すごい時代がきたもんだ。プロ野球のテレビ生中継が地上波から消え、受難の時代の野球解説者を救うのは、なんと「パワプロ」?(2019/3/4)

「どんだけ働いてんねん」 たむらけんじ、M-1常連の和牛・水田が生放送中に倒れている姿を公開し心配の声続出
これは心配になる。(2019/2/20)

卵の中で成長していくヒヨコがリアルに見られる! ニコ生でヒヨコが生まれるまでの様子を48時間生中継
生まれるまでの鶏卵の中が丸見えです。(2019/2/20)

ジャニーズ初のバーチャルアイドル登場 SHOWROOMで生配信
第1弾として、関西ジャニーズJr.内のユニット「なにわ男子」の藤原丈一郎さん、大橋和也さんがバーチャルアイドルを演じる。19日午後9時30分ごろ、SHOWROOMでライブ配信を始める。(2019/2/19)

視聴者向けの付加価値強化も:
Candeeがライブコマースサービスの法人利用を無料化
出演者がお気に入りのアイテムをスマートフォンのアプリからライブ配信するライブコマースの市場活性化に向け、「Live Shop!」の法人向けアカウントの初期費用と月額利用料金を無料化する。(2019/1/30)

音楽ライブの生配信、スマホでマルチアングル視聴「新体感ライブ」 まずサカナクションなど
NTTドコモは、音楽ライブの生配信を、スマートフォンなどからマルチアングルで視聴できる新アプリ「新体感ライブ」を提供する。第1弾として2月に行われるサカナクションとSILENT SIRENのライブをそれぞれ配信する。(2019/1/18)

ママになって帰ってきた! 平愛梨、久しぶりの「ヒルナンデス!」出演に笑顔 サバンナ高橋も歓喜のダッシュ
久しぶりの生放送出演!(2019/1/18)

AbemaTVでエヴァ「:序」「:破」を無料独占一挙配信 緒方恵美×高橋洋子生放送初共演も
「残酷な天使のテーゼ」の歌唱も盛り込まれた“奇跡の5時間”。(2019/1/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。