ニュース
» 2010年11月04日 20時28分 UPDATE

「iPhoneの優位は揺るがない」が──「Androidにも力を抜かない」ソフトバンクは「全機種2.2」 (1/3)

「iPhoneではない世界を求める人もいる」としてAndroid端末6機種を披露した孫社長は「全機種2.2搭載」を強調。「技術にこだわるソフトバンクはAndroidにも力を抜かない」と宣言する。

[ITmedia]

 「iPhoneとiPadの圧倒的な優位は揺るがないと信じているが、中にはiPhoneではない新しい世界を求める人もいる」──ソフトバンクモバイルが11月4日発表したスマートフォンは、全機種がAndroid 2.2を搭載。孫正義社長は「2.1とは雲泥の差がある。技術にこだわるソフトバンクだからこそのこだわりが2.2の採用だ」と説明、「Androidでも力を抜かない」と力を込めた。

photo 最新作の3Dトレーラーが003SHに収録されるシュレックと孫社長

 新たに発表したスマートフォンは、「GALAPAGOS」ブランドで登場するシャープ製の「003SH」「005SH」、デル製の5インチタブレット「DELL Streak 001DL」、中国ZTE製の「Libero 003Z」、中国Huawei製の「004HW」──の5機種。発表済みの台湾HTC製「HTC Desire HD 001HT」と合わせ、全6機種ともAndroid 2.2を採用する(Android 2.2スマートフォンは6機種――ソフトバンク、2010年冬・2011年春モデル24機種を発表)。

 「003SH」「005SH」は裸眼立体視が可能な3D液晶ディスプレイを搭載するほか、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線ポート、デコレメール対応など、フィーチャーフォン(従来型携帯電話)の機能を備える。005SHはスライド式のQWERTYキーボードも搭載する。孫社長は「スマートフォンと日本ケータイの融合だ」と、003SHではスマートフォンとしては多い13色のカラーバリエーションも用意する。

photophoto 003SH。縦位置、横位置とも裸眼立体視できる
photophoto QWERTYキーボード搭載の005SHはモックのみ
photophoto デルのSTREAK
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -