ニュース
» 2010年11月22日 08時47分 UPDATE

スーパーコンピュータの省エネランキング、1位はIBMでTSUBAMEが2位に

性能ランキングで4位を占めた東工大の「TSUBAME 2.0」が、省エネランキングでは2位だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米バージニア工科大学は11月18日(現地時間)、スーパーコンピュータの省エネ性能ランキングを発表した。1位は米IBMがトーマス・J・ワトソン研究所で稼働させているプロトタイプ「Blue Gene/Q」、2位は東京工業大学の「TSUBAME 2.0」、3位はNCSA(National Center for Supercomputing Applications)のプロトタイプ機だった。

 Green 500は、消費電力当たりの演算処理速度を競うランキング。パフォーマンスは、世界最速コンピュータを決める「Top500」などで公開されたデータを参照しているという。消費電力1ワット当たりの演算能力は、Blue Gene/Qが1684MFLOPS、TSUBAME 2.0が958MFLOPS、NCSAのマシンが933MFLOPSだった。

 日本のシステムとしては、TSUBAME 2.0のほかに、4位に理化学研究所の次世代システム「京(けい)」のプロトタイプが、10位に国立環境研究所のシステムがランクインした。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -