ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年01月31日 07時00分 UPDATE

中国の携帯メーカーZTE、世界4位に躍進 Appleも好調

中国のZTEが、世界携帯電話市場でAppleを抜いて4位に躍り出た。AppleもiPhoneの好調で出荷台数を大きく伸ばしている。

[ITmedia]

 世界携帯電話市場はスマートフォンにけん引されて好調に伸びており、特にAppleとZTEが勢力を拡大している。調査会社IDCがこのような調査結果を発表した。

 2010年第4四半期の世界の携帯電話出荷台数は、前年同期比17.9%増の4億140万台だった。同年通期では前年比18.5%増の13億9000万台となった。景気の回復と手ごろな価格のスマートフォンが増えたことが追い風となった。年間伸び率は2006年の22.6%以来最高に達した。

 ベンダー別では、第4四半期は依然としてフィンランドのNokiaがトップに立っているが、かつては4割だったシェアが30.8%にまで低下している。2位と3位はそれぞれ韓国のSamsungとLG。Samsungは「Galaxy S」が好調で、出荷台数を伸ばしている。LGはスマートフォン「Optimus One」が成功しているが、出荷台数とシェアはやや後退している。

 4位にはこれまでトップ5圏外だった中国のZTEが入った。同社は主に新興国市場に低価格端末を提供しているが、最近は欧米や日本にも進出している。ローエンドおよびミッドレンジ端末が主だが、ラインアップをスマートフォンにも拡大しており、出荷台数は76.8%増えた。

 米Appleは出荷台数は伸びているものの、ZTEに抜かれて前四半期の4位から5位にランクダウン。iPhoneの出荷台数は80%以上増えている。BlackBerryを擁するカナダのResearch In Motion(RIM)は年間のランキングでは5位にとどまったが、第4四半期にはトップ5圏外となった。

2010年第4四半期の世界携帯電話メーカーランキング(単位:百万台)
メーカー 4Q10出荷台数 4Q10市場シェア 4Q09出荷台数 4Q09市場シェア 出荷台数伸び率
Nokia 123.7 30.8% 126.8 37.2% -2.4%
Samsung 80.7 20.1% 68.8 20.2% 17.3%
LG 30.6 7.6% 33.9 10.0% -9.7%
ZTE 16.8 4.2% 9.5 2.8% 76.8%
Apple 16.2 4.0% 8.7 2.6% 86.2%
その他 133.4 33.2% 92.8 27.3% 43.8%
合計 401.4 100.0% 340.5 100.0% 17.9%
(資料:IDC)

2010年の世界携帯電話メーカーランキング(単位:百万台)
メーカー 2010出荷台数 2010市場シェア 2009出荷台数 2009市場シェア 出荷台数伸び率
Nokia 453.0 32.6% 431.8 36.9% 4.9%
Samsung 280.2 20.2% 227.2 19.4% 23.3%
LG 116.7 8.4% 117.9 10.1% -1.0%
ZTE 51.8 3.7% 26.7 2.3% 94.0%
Research In Motion 48.8 3.5% 34.5 2.9% 41.4%
その他 439.4 31.6% 342.9 29.3% 28.1%
合計 1388.6 100.0% 1171.6 100.0% 18.5%
(資料:IDC)

 IDCは、2014年までスマートフォンが携帯電話市場の成長をけん引する状況が続くと見込んでいる。スマートフォン分野は2011年に前年比で43.7%伸びる見通しという。

初出時は年間世界ランキングの5位がAppleとなっていましたが、IDCがプレスリリースを訂正したため、それに合わせてRIMと修正いたしました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.